ソーラープロジェクトのプログラミングソリューション

概要

Solarworxソフトウェアライブラリ  

Solarworxソフトウェアライブラリ

  • 太陽光発電システムが確実に稼働するようにすべての部品は困難な条件に耐える必要があります。
  • 用意されているファンクションブロックでインバータやエネルギー測定デバイスを簡単にスタートアップできます。
  • システムインテグレータとユーザーはSunSpec®互換のファンクションブロックを利用できます。

アプリケーション

太陽光発電システムの低コスト性を保証するためにすべての部品は困難な条件に長期間耐える必要があります。とはいえ必要なソフトウェアを完全に開発し試験していれば、最高のハードウェアでもすばやくエラーなしで作動させることができます。

既存のファンクションブロックを使えば、プロトコルを解析する手間をかけけずにさまざまなインバータやエネルギー測定デバイスを使用できます。このように、プログラミングではデータの処理と通信に焦点を当てることができます。

ソリューション

Solarworxのファンクションブロック  

用意されているファンクションブロックで太陽光発電プロジェクトを簡単に実現

フエニックス・コンタクトは太陽光発電システム専用のソフトウェアライブラリを提供しており、機能はどんどん拡張されています。

用意されているファンクションブロックを使えばインバータと直接的に通信できます。たとえばシリアルナンバーやインバータの種類など一般的なインバータ情報を読み取ることができます。さらに、太陽光発電トラッキングシステムも制御でき、瞬時グリッド送電パワーや発電量などすべての標準ACおよびDC測定値を指定できます。インバータ固有のイベントや状態メッセージの収集さえも問題ではありません。ポートフォリオにはファンクションブロックや太陽光発電システムの無効電力を制御するプログラムテンプレートも含まれています。

フエニックス・コンタクトはSunSpec®オープン標準を使用するシステムインテグレータとユーザーを互換性のあるファンクションブロックでサポートします。2016年中にSunSpec®ユーザー組織から公式認定を受ける予定です。

SunSpec® Allianceはソーラー産業から70社以上が参加する世界規模のユーザー組織です。目的はプラグアンドプレイソリューションが可能な通信標準を定義することです。実現すればソーラー発電システムのコストと複雑さを抑え、投資家を呼び込むことができるようになります。

特長

  • プログラミング済みのファンクションブロックでエンジニアリングの手間が省ける
  • 広範なファンクションブロック試験で信頼性のある太陽光発電システム稼働
  • 国際プログラミング規格IEC 61131で柔軟性がある
  • ブロックライブラリの定期拡張で広がり続ける機能範囲

製品

説明型式製品番号
PC Worxのソフトウェアライブラリ、太陽光発電プロジェクトを実現するために特別に開発、ライセンスフリーSOLARWORX2403108
SolarAdvancedブロックライブラリ、他社製デバイスとの通信に使用、ライセンスキーはSDカードに格納SD FLASH 2GB APPLIC A2701190
SolarAdvancedおよびSolarControlブロックライブラリ、無効電力を制御、ライセンスキーはSDカードに格納SD FLASH 2GB SOL-PWR-CTR2400182
説明型式製品番号
PC Worxのソフトウェアライブラリ、太陽光発電プロジェクトを実現するために特別に開発、ライセンスフリーSOLARWORX
SolarAdvancedブロックライブラリ、他社製デバイスとの通信に使用、ライセンスキーはSDカードに格納SD FLASH 2GB APPLIC A
SolarAdvancedおよびSolarControlブロックライブラリ、無効電力を制御、ライセンスキーはSDカードに格納SD FLASH 2GB SOL-PWR-CTR

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: