モジュール式プロセスオートメーション

精製装置

プロセスシステムのモジュール式オートメーション

あらゆる要件に対応。

製品化までの時間は、他の製品にとってはワクチンの販売までの時間ほど重要でありません。締め切り日(例: インフルエンザの季節が始まる直前)には、わずか数週間以内に十分な量の薬剤が利用可能でなければなりません。この作業は実験室の複雑な化学製品をすばやく生産に持ち込むことを意味します。需要に応じて、そしてどこよりも早く、柔軟に生産量を拡大できるようにする必要があります。

現在のシステムの課題について。

プロセス産業のモジュール式オートメーション  

プロセス産業のモジュール式オートメーション

今日では、プロセス産業の多くの部分で集中的にシステムが自動化されています。特に世界規模のシステムでは、これが最も効率的で最も利用可能な生産のタイプです。すべてのアクチュエータとセンサは、中央制御システムに直接接続されています。しかし、精製化学製品および製薬産業においてはまた別の話です。必要な最終製品に応じて、システムは他の製剤を製造できるように変換します。

香料など添加物、有効成分、着色料または酵素といったものにも、新しい市場の要求に企業は迅速に対応する必要があります。新製品は常に開発され、エンドユーザーが直ちに利用できるようにする必要があります。システム配管の変更を伴う新しい形成があるたびに、システムは機械的にもソフトウェアに関しても調整する必要があります。プロセス全体に組み込む必要のある独立した機能の持った複合セパレータやろ過モジュールなどの新しい機器を追加する場合、この調整には数週間かかることがあります。

ソリューション:インダストリー4.0またはNAMUR 推奨 NE 148

プロセス分析センター  

プロセス分析センター

機械のデジタル化と付加価値連鎖による製品化までの時間の最適化が目前の場合、それはインダストリー4.0に関係しており、NE 148はインダストリー4.0使用事例と見なすこともできます。

NAMUR 推奨 NE148は、モジュールが上位レベルのエンジニアリングおよび制御システムによって読込み可能なすべての機能を備えた標準的な記述を含むモジュール型システムを説明します。
ZVEI(ドイツ電気・電子工業連盟(German Electrical and Electronic Manufacturers 'Association) - 右の欄のリンクを参照)の対応するホワイトペーパーで、オートメーション企業によるNE 148の可能な実装例の記述があります:オフィスプリンタの場合のように、モジュール全体のドライバとして機能するモジュールタイプパッケージ(略してMTP)。これは、モジュールが提供するサービスの種類と、オンサイトとリモートでどのように操作するかを定義します。
システムがこのMTPを持つ機器で構成され、システムにこれらのMTPを解釈できる制御システムが装備されている場合、1週間のモジュール統合プロセスは新形成の単純なパラメータ化になります。

これは、製品がより迅速に市場に投入され、競争上の優位性を十分に発揮できることを意味します。

 

世界規模のシステムでもMTPを活用することができます。

コア・プロセスはここで中央で自動化されていますが、二次プロセス(圧縮機、コンプレッサ、水処理など)は、分散型の自動化パッケージユニットにより長く提供されています。今日、これは組込みに関して同レベルの複雑さをもたらしています。MTPの機能とサービスの説明により、モジュール性が生産にもたらすすべての利点が十分に活用され、それにより徹底したエンジニアリングが提供されます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス