車体製造

車体製造

時間内製造

定評のあるIT標準をベースにしたソリューションでリーンエンジニアリングプロセスと迅速な製品起動が可能になります。

車体製造においては、どのような車体の種類でも中断せずにそしてサイクルタイムに影響を与えることなく製造できます。

通信性能がある特別なオートメーションソリューションで高い生産性、柔軟性、製造時の品質に関する最適な情報の流れを確保します。フエニックス・コンタクトのネットワーク製品とコントローラは定評のあるIT標準と連携しています。エンジニアリングプロセスへの組込み時に効果があり製品をすばやく起動します。

特長

  • コントローラの高速処理で高い生産性と観測サイクルタイム
  • 産業通信のオープン標準で高い組込み性能と独立性
  • 標準インターフェースでオートメーションソリューションをエンジニアリングプロセスに簡単に組込み

操作ステーション

操作ステーション  

効率的な操作のためのハードウェアとソフトウェア

高度に自動化された製造でも生産性の決め手となるのは操作です。

御社の要件を踏まえながら、使用するハードウェアからプログラミングおよび表示ソフトウェアまで操作ステーションの個別コンセプトの決定に協力します。標準ユーザーインターフェースに関して、最も簡単に順応できるシステムです。

ソフトウェアアーキテクチャ

アプリケーションソフトウェアのスクリーンショット  

一貫性のあるアーキテクチャのブロック

プランニングからスタートアップ、安全な操作まで、アプリケーションソフトウェアのアーキテクチャは一貫して各生産フェーズの特別機能を考慮します。

フエニックス・コンタクトはこのアーキテクチャをベースにしたさまざまなファンクションブロックと表示ブロックを提供します。自動表示とともにコスト効率のよいソリューションがすぐに提供されます。

ベース負荷の削減

タブレットを通じたロボットセル制御  

PROFIenergyを通じたリソース制御

工具変更中や定期回復時間の停止時間はロボットセルなどに組み込まれます。

フエニックス・コンタクトのPROFINETコントローラで自動的にスイッチを切り、非製造時はPROFIenergyを通じて必要ではない負荷や技術的に関連のあるシステム部品に戻ることができます。これによりエネルギーとコストを節約します。

オートメーションコンセプト

接合工程の繰り返しは車体製造の要です。システムは車体部品の製造ごとに分かれておりファイアウォールで保護されています。

車両情報はレイヤ3スイッチでシステムやセルに転送されます。RFC 470S PNなどのコントローラでプロセスシーケンスを調整すると同時に保護回路を監視します。

トポロジ:車体製造のオートメーションコンセプト

車体製造の効率的なオートメーションコンセプト

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階