プレスフィットテクノロジ

はんだ付けせずに実装できますか?プレスフィットテクノロジで実現できます。この実装タイプの特長は取付けが簡単で接合力が高いことです。

特長

  • はんだ付けせずに実装できるため接続部品へ温度負荷なし
  • 高い接合力:ピンと金属めっきしたはんだ付け穴は密着
  • 効率的なアッセンブリ:トグルプレスや空気圧プレスを用いたプレスフィット方式

基本

プリント基板用端子台の自動プレスフィット式  

自動プレスフィット式

プレスフィットテクノロジはTHRまたはSMTはんだ実装に代わるもので、特にプリント基板とプリント基板部品が熱負荷の影響を受けないようにする場合に使用します。

はんだフリー接続は実装部品のプレスフィットピンをプリント基板の金属めっき穴に押し込むことで実現します。最も簡単なケースではトグルプレスを使用します。自動実装式では空気圧プレスを使用します。

プレスフィット式では特殊なピン形状の外側が金属めっき穴表面に密着し、気密性のある電気的接触を実現します。

適切なソリューションがすぐに見つかる

プレスフィットテクノロジに対応するすべてのプリント基板接続は次のリンクで見つかります。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階