熱磁気式機器用サーキットブレーカ

熱磁気式機器用サーキットブレーカ

過負荷時および短絡時の保護

基本機能バージョンと高機能バージョンのラインアップで、いつでも正しい選択が可能です。

戻る 機器用ミニチュアサーキットブレーカ

カテゴリ

絞込み検索 熱磁気式機器用サーキットブレーカ

このカテゴリの製品をすべて表示する

フエニックス・コンタクトの熱磁気式機器用サーキットブレーカはIT、通信、プロセステクノロジに使用します。機器用サーキットブレーカにはさまざまな引き外し特性があり、幅広いアプリケーションで使用できます。リモート状態表示が組み込まれており、システムの動作状態を常時監視できます。

特長

  • SFBトリップ特性により長いケーブル経路で最大の過電流保護
  • c接点内蔵でリモート表示コンセプトを組込み
  • ブリッジ可能な機器用サーキットブレーカで低設置コスト
  • M1特性曲線でAC 230/240 Vの制御電圧を保護
  • 熱磁気式機器用サーキットブレーカはCOMPLETE lineシステムの一部です。

機能と設計

CB TM熱磁気式機器用サーキットブレーカ  

Push-in式熱磁気式機器用サーキットブレーカ

熱磁気式機器用サーキットブレーカは熱式と磁気式の両方でトリップします。バイメタルとソレノイドの2つのシステムは相互に独立して動作します。

これは、短絡時に熱磁気式機器用サーキットブレーカが熱式機器用サーキットブレーカよりもすばやくトリップすることを意味します。

短絡時は3~5 msでトリップが作動します。

最適なSFB(選択的ヒューズブレーク)特性曲線を持つ機器用サーキットブレーカを使用し、システムのケーブル経路を延ばすことができます。フエニックス・コンタクトのQUINT POWER電源ユニットとともに使用することでケーブルと装置に最大の保護を実現できます。機器用サーキットブレーカはトリップ後も、いつでもON状態に復旧できます。

熱磁気式機器用サーキットブレーカには一体型とプラグイン型があります。ねじ式接続テクノロジとPush-in式接続テクノロジから選択できます。

用途

機器の制御盤に取り付けたTMCP熱磁気式機器用サーキットブレーカ  

制御盤に取り付けた熱磁気式機器用サーキットブレーカ

熱磁気式機器用サーキットブレーカは基本的に情報通信技術およびプロセス制御で使用します。さまざまな引き外し特性と正確な公称電流レベルを持つこの機器用サーキットブレーカは、幅広いアプリケーションでの使用が可能です。

たとえば、プログラマブルロジックコントローラ、バルブ、モータ、周波数コンバータの保護に適しています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

保護機器 – 機器用ミニチュアサーキットブレーカ

サービス


機器用ミニチュアサーキットブレーカ

過負荷や短絡を選択保護。


機器用ミニチュアサーキットブレーカ

機器用ミニチュアサーキットブレーカのしくみの学習モジュールです。