概要に戻る

アンマネージドPoEスイッチ

4つのアンマネージドPoEスイッチ

1000シリーズのアンマネージドPoEスイッチにより、8台までの端末機器に電源とデータを同じイーサネットケーブルで供給できます。このシリーズのすべてのスイッチは-40°C~+75°Cの広域な温度範囲で、過酷な環境条件でも使用できます。非常に堅牢な機器が必要な状況向けに、M12を備えた保護等級IP67を提供するバージョンも提供します。このアンマネージドスイッチは、現場で直接使用するのにも適しています。

高性能かつ高いデータスループット

監視カメラのPoEアプリケーション  

1000シリーズアンマネージドスイッチは、PoEカメラなど、データスループットの高いアプリケーションに最適です。

1000シリーズのPoEスイッチは、 IEEE 802.3 at(PoE+)規格に適合しているため、受電機器(PD)に最大30ワット、48 V DCの電源を供給できます。最大伝送距離は100 mで、非常に遠隔地にあるPDにも給電できます。

高解像度カメラを使用するため高いデータスループットも必要なアプリケーション向けに、FL SWITCH 1000の製品ラインアップにはギガビットバージョンもあります。さらにジャンボフレームもサポートするため、データトラフィック量の多いネットワークでの効率向上にも役立ちます。

簡単になったエラー診断

アンマネージドPoEスイッチのアラームLED  

アンマネージドPoEスイッチは、エラー発生時にアラームを表示します。

1000シリーズのPoEスイッチの中には、個々のポートでの通信障害や給電の問題を検出するメカニズムをサポートするものもあります。

DIPスイッチによる簡単な設定で、スイッチを設置したままの状態や、動作中でも直接設定を行うことができ、アクセスにはラップトップも不要です。

電気的絶縁による短絡保護

特定のバージョンでは、電源電圧とPoEポートは電気的に絶縁されています。これによりデータケーブル短絡とフィールド側の機能接地に対して最適な保護を提供します。

現場の機器へのPoE給電

IP67のPOEスイッチ1708  

堅牢なFL SWITCH 1708はIP67の保護レベルで、現場に直接導入できます。

FL SWITCH 1708は現場の機器にPoEで簡単に給電するのに理想的なソリューションです。IP67の高い保護等級で湿気や埃に耐性があります。つまり、スイッチを制御盤の外部の現場に直接設置することさえ可能です。壁面取付けも可能なため、適切な設置場所を見つける際の選択肢が広がります。また、すべての機器接続はM12です。これにより、電源およびPoEポートを環境の影響から保護します。

FL SWITCH 1000の概要

 FL SWITCH 1000 POEFL SWITCH 1000 POE-GTFL SWITCH 1700
伝送速度10/100 Mbps10/100/1000 Mbps10/100/1000 Mbps
電源18~57 V DC18~57 V DC
52~57 V DC*
18~32 V DC
温度範囲-40°C~+75°C-40°C~+75°C
-10°C~+60°C*
-40°C~+70°C
保護等級IP30IP30IP65/IP66/IP67
電気的絶縁-あり*-

PoE(Power over Ethernet)

電力バジェット

30 W(ポート当たり)

120 W(スイッチ当たり)

30 W(ポート当たり)

60 W/120 W*(スイッチ当たり)

30 W(ポート当たり)

200 W(スイッチ当たり)

特長

QoS

通信用コンタクト(リンク監視)

QoS

ジャンボフレーム

通信用コンタクト(リンク監視)

M12コネクタ、Xコーディング

QoS

ジャンボフレーム

認証CE、ULCE、ULCE

* 一部のモデル

アンマネージドPoEスイッチ1000の製品リストを見るには、ここをクリックしてください。


概要に戻る

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: https://www.google.com/