ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2024

今すぐ無料のご招待チケットをご予約いただき、2024年4月22日~26日にハノーバー(Hanover)へお越しください。技術的ソリューションで、共にAll Electric Societyを実現しましょう。
再生可能エネルギーを交換する部門の前にいる人

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2024:未来が今始まります – 準備はできていますか?

All Electric Societyとは、カーボンニュートラルな方法で生成されたエネルギーが、十分な量でいつでもどこでも利用可能になる世界のことです。しかし、持続可能な将来を実現するための多くの技術的ソリューションが既に利用可能であるのに、なぜ将来的な発展を待つ必要があるのでしょうか。サイバーセキュリティからPower-to-X、そして直流に至るまで:
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2024では、この将来に向けた技術的ソリューションをご紹介します – 準備はできていますか?

ぜひご来場いただき、生成から変換、貯蔵、配電、そして最適化された使用に至るまで、私たちと話し合いエネルギーのフローを一緒に探求しましょう。例えば、当社のインテリジェントなエネルギー管理システムMINTをご紹介します。このシステムは、既にお客様に順調にご使用いただいており、全てのエネルギー源と負荷を接続して調整し、送電網のバランスを保っています。

持続可能な方法で産業間のセクターカップリングを実装するテクノロジについて詳細を知りたいですか。お客様特有の課題に対処するのに適したソリューションをご用意し、お客様のためにAll Electric Societyを実現します。ホール9、ブースF40でお待ちしています。

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)のフエニックス・コンタクトブース

当社の所在地

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のホール9、ブースF40にて開催される当社の展示会にぜひご来場ください。ブースマップでは、当社が展示会場で発表予定のトピックのプレビューをご覧いただけます。また、今年はホール9、ブースH25にて、制御盤製造の効率化に関する包括的な情報を入手することができます。

シリアスゲーム「ELECTRIFYtoday」のロゴ

シリアスゲーム「ELECTRIFYtoday」

ELECTRIFYtodayは、最新の方法で知識を共有し「現在の世界をAll Electric Societyに変換する」という点が、従来の学習ソリューションとは異なります。当社のテクノロジに関する知識が、ELECTRIFYtodayでどのように伝えられ、ゲームの世界がAll Electric Societyに変換する様子をご紹介します。

フエニックス・コンタクトの新製品

新製品

フエニックス・コンタクトのエンジニアは、接続テクノロジ、機器接続部品、オートメーション・テクノロジにおけるイノベーションの開発に日々取り組んでいます。当社の新製品が御社のアプリケーションの計画や導入にどのようにご活用いただけるかをご覧ください。

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)のフエニックス・コンタクトブース

ハノーバーメッセとは

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)は、国際産業にとって有数の展示会です。近代産業の主要なテーマに関するいくつかの有数の展示会で成り立っています。

  • Integrated Automation, Motion & Drives:組込みオートメーション、産業用IT、駆動技術および流体技術のための国際的な有数の見本市
  • Digital Factory:組込みプロセスおよびITソリューションの国際的な有数の見本市
  • Energy:組込みエネルギーシステムおよびモビリティの国際的な有数の見本市
  • Industrial Supply:サプライヤーソリューションおよび軽量構造のための国際的な有数の見本市
  • Research and Technology:研究、開発、技術移転のための国際的な有数の見本市

有数の見本市は、さまざまなテクノロジとアプリケーション分野に向けられています。2018年、有数の展示会Industrial AutomationとMDAが合併して年1回開催されるイベントであるIntegrated Automation, Motion & Drives (IAMD)を新設しました。IAMDは、産業オートメーション、IT、駆動技術、および流体技術の全範囲に対応しています。ここでは企業にスマートな生産プロセスのためのソリューションを紹介する場が提供されます。スマートファクトリーの実現を見据えたものです。フエニックス・コンタクトはホール9に出展します。

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)のフエニックス・コンタクト

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)のフエニックス・コンタクト

フエニックス・コンタクトはこの産業見本市と特別な関係にあります。地理的に近いということだけではありません。ブロムベルク(Blomberg)を拠点とする同社は、70年以上にわたる技術革新と共に、毎年ハノーバーメッセに参加しています。

Siemens社やRittal社と共に、フエニックス・コンタクトは現在ハノーバーメッセにおける最大規模を誇る出展企業の1社です。当社の専門家たちは、オートメーションおよび電気工学のトピックに関する最新情報を提供します。インダストリー4.0時代に向けて将来性のあるソリューションを紹介します。100年以上にわたる経験と実績を生かし、フエニックス・コンタクトは次世代の知的生産に向かって進んでいます。

70年以上にわたるハノーバーメッセでの当社のハイライト製品

1960年のハノーバーメッセのフエニックス・コンタクトのブース

フエニックス・コンタクトとハノーバーメッセ:長期にわたるパートナー

フエニックス・コンタクトは1953年以降、ハノーバーメッセに数々の技術革新をご紹介してきました。

世界最大の産業見本市では、当年の新製品ハイライトを展示しています。新製品は初めてここで一般に公開されます。

当社は70年以上にわたり、この見本市でさまざまな特別な出来事を体験をしてきました。

オバマ氏がハノーバーメッセのフエニックス・コンタクトを訪問

オバマ氏の訪問:首相と大統領が共に未来へ

米国は2016年にハノーバーメッセのパートナー国でした。当時の米国大統領バラク・オバマ氏は、ハノーバーメッセを訪問しました。アンゲラ・メルケル首相との見本市の伝統的なツアーでは、優れた技術革新の数々が紹介されました。

当社のFrank StührenbergとJack Nehligは、フエニックス・コンタクトのブースにて新しいE-Mobility急速充電コネクタを実演しました。スペシャルハイライト: 映画シリーズ「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」で使用されたスポーツカー、デロリアン DMC-12(DeLorean DMC-12)が、急速充電テクノロジの展示説明のため復元されました。オバマ氏は革新的な充電テクノロジに夢中になっただけではありません。彼はまた、自らが持つ映画の知識で、首相やフエニックス・コンタクトCEOのFrank Stührenbergを驚かせました。

ハノーバーメッセの歴史

起源

この世界最大の産業見本市のモットーは「伝統と革新」です。1947年に、ハノーバーのラーツェン(Hannover-Laatzen)にあるドイツ企業、Deutsche Messe- und Ausstellungs-AG社の旗の下で、「Hannover Export Fair 1947」として設立されました。第二次世界大戦後、新しい産業見本市の目的は、旧東ドイツ(GDR)のライプツィヒメッセ(Leipziger Messe)に対抗することであり、西ドイツの革新的な力を強調することでした。

国際的に発展

ハノーバーメッセは国際的な接点として、海外の訪問者からすぐに注目を集めました。1950年初期には、10ヶ国からの企業が出展しました。その1つが米国です。長年にわたり、見本市はますます国際化が進んでいます。1980年の最初のパートナー国はブラジルでした。それ以来、さまざまな国の企業が毎年各々の製品を発表しています。

ハノーバーメッセの今

今日では、企業にとってこの世界有数の見本市が技術開発のためのバロメーターとされています。現在この見本市では、モノのインターネット(IoT)、産業デジタル化、ロボット工学、再生可能エネルギーなどのトピックがその多くを占めています。今後数年の間に、インダストリー4.0の数々の革新(デジタル産業革命)が継続的に導入されていく予定です。

よくある質問 ハノーバーメッセ(Hannover Messe) – チケットとアクセス方法

多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載

Hannover Messe 2024は世界最大規模の産業展示会です。次回の展示会は、2024年4月22日~26日に開催されます。展示会会場の開催時間は、毎日午前9時~午後6時です。

多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2024のチケットは、当社から無料でお申し込みいただけます。

無料ご招待チケットはこちらから
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載

無料チケットをリクエストするフエニックス・コンタクトのご注文フォームに入力後、メールでチケットコードをお送りします。このチケットコードを使用して、公式ハノーバーメッセ(Hannover Messe)ウェブサイトにて無料でチケットをお申し込みください。

多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)会場へは、車で簡単にアクセスすることができます。
北または南方面からお越しの場合は、A7のハノーバー(Hannover)方面、次にA37のハノーバー/メッセ(Hannover/Messe)方面で展示会会場に到着します。
東方面からお越しの場合は、A2をハノーバー(Hannover)方面、A37をハノーバー/メッセ(Hannover/Messe)方面に進むと展示会会場に到着します。
西方面からは、A2をハノーバー(Hannover)方面、A7をカッセル(Kassel)方面、B65をハノーバー(Hannover)方面、最後にB6をハノーバーメッセ(Hannover Messe)方面でハノーバーメッセに到着します。
ナビゲーション機器に入力する住所:30521 Hannover, "Hermes Allee"または"Messegelände"
展示会会場周辺には、有料駐車場が充分あります。
電気自動車用の充電ステーションはNorth 4およびSouth 32駐車場にあります。
駐車場に関する詳細情報はこちらからご覧いただけます:

詳細をご覧ください
多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載

街の中心部から、S-Bahn、U-Bahn、またはバスで簡単にハノーバー展示会の中心部に行くことができます。

  • S-Bahn線S4またはS8をハノーバーメッセ/ラッツェン(Hannover Messe/Laatzen)方面へ
  • U-Bahn線8または18をハノーバーメッセ/ノルド(Hannover Messe/Nord)方面へ
  • U-Bahn線6または16をハノーバーメッセ/オスト(Hannover Messe/Ost)方面へ
  • バス路線340および341のグーテンベルク通り(Gutenbergstraße)(南口)方面に乗り、メッセ/ラッツェン(Messe/Laatzen)バス停で降ります(西口1)

多くの車で混雑した複数車線の道路と街並みを背景に、画像にはよくある質問を記載

ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)の長距離列車でお越しの場合:
列車でお越しの場合は、ハノーバー/ラッツェン(Hannover/Laatzen)展示会の駅から展示会会場にお越しいただけます。駅は西口から約400 mです。または、メインの駅からU-Bahn線8または18で展示会会場に到着します。

ハノーバー空港(HAJ)よりお越しの場合:
ハノーバー空港からは、S-Bahn線5のHannover Hauptbahnhof(ハノーバー中央駅)方面で展示会会場に到着します。そこから、U-Bahn線8または18に乗ります。合計所要時間は約1時間です。
展示会の期間中、空港から展示会会場(WEST)へのバスシャトルサービスもあります。所要時間は約45分です。

ハノーバーメッセに関するよくある質問 - 展示会へのアクセス

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)

フエニックス・コンタクトのメインブースは、ホール9、ブースF40にあります。フエニックス・コンタクトはさまざまなトピックに着目したその他のブースでも紹介されています。すべてのブースとブース担当者を示したフエニックス・コンタクトの公式ブースマップは、展示会開催直前にこちらから入手可能です。

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)

ハノーバーメッセのフロアマップは、開始日の少し前に入手可能となります。また、展示会場全体と駐車スペース全体を示したマップもあります。
現在のフロアマップはこちらをご覧ください:

詳細をご覧ください
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)には、オープニングセレモニー以外にもイベント、カンファレンス、授賞式など、数多くの活動などが含まれています。メッセの前に、サポートプログラム全体をここでご確認いただけます:

詳細をご覧ください
ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)

ハノーバーメッセのオープニングは、通常現ドイツ首相がパートナー国の首脳と共に行います。ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のオープニングは、ショルツ首相がインドネシア大統領ジョコ・ウィドド氏と共に行いました。ノルウェーはハノーバーメッセ(Hannover Messe)2024のパートナー国です。

ハノーバーメッセ(Hannover Messe)2023のAES展示会の顧客(画像にはよくある質問を記載)

ハノーバーメッセの無料Wi-Fiは、「MESSEfreewifi」と呼ばれるもので、1日最大3時間までご利用いただけます。エントランスエリア、展示ホール、および展示会場のその他の場所で、無料Wi-Fiをご利用いただけます。
その他、WiFiホットスポットを提供する「EBi」インフォメーションカウンター、エントランスエリア、各種ケータリングエリアなどもあります。「MESSEhotspot」のWLAN経由でアクセス可能です。