高いシグナルインテグリティ(デジタル信号品質)

シミュレーションと計測を通してシグナルインテグリティ(デジタル信号品質)を最適化

革新的な製品と包括的なデザイン・インのサポートにより、高いシグナルインテグリティ(デジタル信号品質)を達成:フエニックス・コンタクトのスペシャリストとエンジニアは、日々、Industry 4.0に向けた通信用コネクタの最適化に取り組んでいます。  直接お話しできたら幸いです。最適化されたシグナルインテグリティのメーカーと、彼らが日常どのように取り組んでいるのかを、ご紹介しています。

シミュレーションを今すぐリクエスト
フエニックス・コンタクトのラボのSebastian StammとArndt Schafmeister
フエニックス・コンタクトのDeveloper、Arndt Schafmeister

Arndt Schafmeister フエニックス・コンタクトのDevelopment Engineer

「私の仕事は、基板対基板コネクタの開発です。その一環として、電気機械的要件をターゲットアプリケーションの要件に、できるだけうまくマッチさせる必要があります。そのため、コストをかけてでも開発する高性能一辺倒のシグナルインテグリティ(デジタル信号品質)ではなく、コストや設置スペース、量産性など、その他の要求を考慮した、アプリケーション指向のコネクタです。

そのため私は、お客様が最も適したコネクタを選択できるようサポートします。そしてお客様に、それぞれのシステムに対してどのように接続を最適化するかアドバイスします。

フエニックス・コンタクトのDeveloper、Sebastian Stamm

Sebastian Stamm フエニックス・コンタクトのDevelopment Engineer

「私の仕事は、通信用コネクタの機械的・電気的開発のインターフェースに重点を置いています。私の活動には、高いシグナルインテグリティ(デジタル信号品質)を持つコネクタのコンセプト開発と最適化、および伝送特性のシミュレーションと測定、規格要件の調整などがあります。

メーカーとのインタビュー

シグナルインテグリティ(デジタル信号品質)向けの製品を持つ従業員

シグナルインテグリティ(デジタル信号品質)に関するホワイトペーパー

シグナルインテグリティ(デジタル信号品質)がパフォーマンスに対して果たす役割とコネクタのインピーダンスに影響する要因については、ホワイトペーパーをご覧ください。

実践でシグナルインテグリティを最適化する方法

データ曲線を示すフエニックス・コンタクトのDevelopment EngineerのSebastian Stamm

インダストリー4.0にはネットワーク化された機器が必要で、それはインターフェースが増えることも意味します

接続技術の性能に対する要求はコンスタントに増加しています。現代的な機器のネットワーク化が着実に進む中で、インターフェースの数も増えています。ゴールは、障害ができるだけ少ないデータ伝送を達成することです。これは、すべてのケーブルおよびコネクタ部品の相互作用に大きく依存します。

シグナルインテグリティ(デジタル信号品質)に直接関連するコネクタの特性の1つが、インピーダンスです。コネクタのインピーダンス設定は、アプリケーションの伝送技術に依存します。インピーダンスの設定ミスは、データ信号をトランスミッタに反射させます。反射が大きくなりすぎると、反射信号と伝送信号が重なります。これが伝送の障害につながります。Arndt SchafmeisterとSebastian Stammの仕事は、まさにそれを予防することです。

コネクタを持つ手

コネクタのインピーダンスはさまざまな要因に依存

コネクタのインピーダンスは、材料、形状、信号配線の取り回しなどの要因に影響を受けます。その他の要因として、周波数、すなわち使用される伝送技術の応答性があります。これはアプリケーションに依存し、コネクタメーカーがコントロールすることはできません。

コネクタのインピーダンスに関しては、伝送技術上の定格インピーダンスや応答性も考慮に入れる必要があるため、一般論として最良の形状、材質、またはコンポーネント配置に関しての良し悪しを判断するすることはできません。シングルペアイーサネット(SPE)コネクタにとって有利な設計が、基板対基板コネクタの分野では不適格となる基準にある場合もあります。

完璧なデータ転送はインダストリー4.0の本質の一つでです。お客様ご自身の未知なる可能性に気付いていますか。

Arndt Schafmeister - Phoenix Contact, Development Engineer
フエニックス・コンタクトのDevelopment Engineer、Arndt Schafmeister
FP 0.8シリーズ(シールド有/無)の基板対基板コネクタの挿入損失比較

FP 0.8シリーズ(シールド有/無)の基板対基板コネクタの挿入損失比較

個別最適化のルーチン作業による包括的な知識

基板対基板コネクタのシミュレーションの際には、100 &#8486のインピーダンス環境が差動信号に、50 &#8486のインピーダンス環境がシングルエンドに通常適用されます。コンポーネントのインピーダンスの振舞いが、設定値からの逸脱ができるだけ少なければ、高いシグナルインテグリティ(デジタル信号品質)が実現します。当社のシミュレーションは、このような一般的なパラメータ設定と一般的なピン配列で準備されており、結果は非常に短時間でお客様に提供されます。

デザイン・インのサポートの一環として、個別のパラメータに基づいてシミュレーションを実施し、最適なコネクタの組合せの選定に関するアドバイスを提供し、適切なピン配列に関する提案を行います。ここでは、お客様のアプリケーションに適したインピーダンスと応答性を考慮に入れることができ、同一ケーブル内の他の信号からのクロストークの形での干渉や、プリント基板上の他のラインによる干渉も考慮に入れることができます。他のコンポーネントからの干渉の場合には、電場および磁場の観察またはシミュレーションが必要になります。シールド付きコネクタは、この干渉を軽減またはまったく排除するのに役立ちます。

コンピュータでのデザイン・インのサポート作業

最適化されたソリューションと製品を個別にサポート

お客様から提供される値に基づいてシミュレーションを実施し、適切な製品の組合せとピン配列に関する提案を導きだします。結果をお客様に報告し、質問にお答えして、その後に適切な資料を提供します。

これらの個別のシミュレーションは通常、数日以内に実施されます。そのために、当社のエンジニアは、例えば、機器内のプリント基板の配置配列、データの伝送タイプ、あるいはシステムのインピーダンス設定など、お客様のアプリケーションに関する情報を必要とします。  基板対基板コネクタは、特にプリント基板の配置に関して高い柔軟性を提供します。これは異なるプリント基板スペースにおいて、中2階、同一平面、バックプレーン等のアレンジメントを許容します。同様に組立て済みのリボンケーブルへの接続も可能です。

私たちにとって直接の交流は特に重要です。これは、過去のプロジェクトにおいて、繰り返し予期せぬシグナルインテグリティに対する最適化の可能性を導きました。例えば、替わりのピン配置やシールドコネクターの使用などです。  お客様の機器開発のサポートは、当社に是非お任せください。

 

 

お問い合わせください
個別シミュレーションを一緒に作成しましょう
適切な標準が存在しない場合には、個別シミュレーションをご依頼ください。我々は、既に数多くのお客様をサポートできており、彼らのアプリケーションに適したコネクタを提供しています。お気軽にお問い合わせください。
シミュレーションを今すぐリクエスト
フエニックス・コンタクトのラボのArndt Schafmeister
データ接続性のビジュアル

スマートネットワーク向けのトップクラスのデータ接続

フエニックス・コンタクトは、信頼性の高いデータ接続を提供するお客様の主要なパートナーです。  すべての通信機器の将来性のあるネットワーク化向けの、信頼性の高い通信用コネクタをご利用ください。