雷電流モニタリングソリューション

概要

嵐に遭遇している洋上風力発電機  

落雷の被害は高コスト

  • 風力発電に落雷することはよくあります。以前は落雷とその衝撃を証明するのが困難でした。
  • フエニックス・コンタクトのLM-Sコンプリートソリューションで風力発電機のブレードへの落雷を正しく測定して解析できるようになりました。
  • 風力発電を連続リモートモニタリングして測定データと動作パラメータを統合することで予防メンテナンスの必要性を判断するベースになります。

アプリケーション

風力発電機のローターブレードは落雷で何度も損傷すると電子的な不具合を引き起こします。一般に落雷を直接検出して記録することはできません。

このため予防策として落雷を一定回数だけ放電できる保護機器を頻繁に交換します。これでは手間もコストもかかります。落雷モニタリングシステムは雷電流の主な特性値を記録する点が役に立ちます。提供される情報に基づいてシステムは検査やメンテナンス作業が必要かどうかを判断します。保険会社からは風力発電機に落雷した証拠を出すようにという要求が増えています。

ソリューション

風力発電のLM-Sアプリケーションの概略図  

風力発電のLM-Sアプリケーション

フエニックス・コンタクトの落雷モニタリングシステムLM-Sは雷サージ電流のあらゆる主要パラメータを検出して解析します。システムの実際の負荷を評価できます。

モニタリングシステムのセンサは保護機器に取り付けられています。落雷時は、サージ電流により導線周辺に発生する磁界をセンサが検出します。システムの測定結果が解析ユニットに光ファイバで送信されます。取得した値にもとづき、評価ユニットは最大雷電流値とともに雷電流峻度、電荷、比エネルギーを特定します。

LM-Sはモデムや内蔵のEthernetインターフェースを通じてネットワークに個別に組み込むことができます。システムはIPアドレスを呼び出すことで既存の制御システムに簡単に組み込むことができます。システムオペレータに落雷を直接通知するためにLM-SからSMSアラームを送信できます。スタッフメンバーは落雷に関する詳細情報をウェブブラウザから呼び出します。同様にオペレータは保護機器の状態を早期に検出して早めにメンテナンス計画を立てて実行します。安定したシステム運用を確保するという目的はこのようにして実現されます。

LM-S制御盤  

風力発電の雷モニタリングのターンキーソリューション

簡単に組込み

コンプリートソリューションで時間をかけずに既存の設計にシステムを組み込むことができます。組込みの電源と通信のサージ保護で組込み作業は極めて簡単です。センサのケーブルは10~100 mの範囲で指定できます。接続ボックスをアッセンブリしケーブルを差込み口からデバイスに接続すれば出来上がりです。このための特別な工具は必要ありません。

特長

  • リアルタイム測定で詳細なデータをすぐに収集することによる情報診断
  • リモートモニタリングでメンテナンスの判断基準となる
  • 組込み式ウェブサーバでデータ出力とコンフィグレーションが簡単
  • RJ45インターフェースで標準ネットワークシステムに組込み

製品

説明型式製品番号
電源QUINT-PS/1AC/24DC/ 3.52866747
LM-SLM-S-A/C-3S-ETH2800618
センサLM-S-LS-H2800616
HCS PROFINET取付けケーブル、プリアッセンブリ、10~100 mで指定(HCS PROFINET)FOC-PN-HCS-1018/...1402190
ETHサージ保護機器DT-LAN-CAT.6A2908726
クラスⅡサージ保護機器、230 VVAL-MS 230/1+12804429
説明型式製品番号
電源QUINT-PS/1AC/24DC/ 3.5
LM-SLM-S-A/C-3S-ETH
センサLM-S-LS-H
HCS PROFINET取付けケーブル、プリアッセンブリ、10~100 mで指定(HCS PROFINET)FOC-PN-HCS-1018/...
ETHサージ保護機器DT-LAN-CAT.6A
クラスⅡサージ保護機器、230 VVAL-MS 230/1+1

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: