太陽光発電の組み込みにより修復された元農舎

概要

建材一体型太陽光発電用ソーラーシャッター  

建材一体型太陽光発電用ソーラーシャッター

  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)は、建設と太陽光発電の両方においてまだニッチです。
  • しかし、この分野においては、BIPVが建築家や建物所有者に開放される設計の可能性がますます増しているようです。
  • 元農舎を改装する際、フエニックス・コンタクトのSUNCLIX miniシリーズのコネクタを使用して太陽光発電モジュールをケーブル接続しました。
  • 窓のシャッターもPVモジュールとして機能します。

お客様のプロファイル

建物一体型PVを備えたハーベスタハウスの修復  

ウッカーマルク(Uckermark)にあるハーベスタハウス

Nechlinの小さな村はウッカーマルク(Uckermark)地域のベルリンの北東に向かって車で約1時間30分の場所あります。村の中心部には、以前収穫手(いわゆるハーベスタ)を収容するために使用されていたハーベスタハウスがあります。

数年前に、低エネルギーの建物を作るために元農舎は美しく修復されました。

アプリケーション

ソーラーアーキテクトのAstrid Schneider  

ソーラーアーキテクトのAstrid Schneiderは、BIPVの熱烈な支持者です。

建材一体型太陽光発電(またはBIPV)は、建物の外壁への太陽光発電の完全な組込みについて説明しています。このように、太陽光発電は屋根材、(絶縁)ファサード、遮光要素、バルコニーパラペットまたは被覆材などの外装シェルのさまざまな機能を担っています。

太陽電池は、シングルガラスにもペアガラスにも組み込むこともできます。これらの要素は、主に建築要素として機能しますが、エネルギー生成にも使用できます。

「ハーベスタハウスの大規模な修復時には、エネルギー重視のコンセプトを実現するために、従来の建築材料をPV部品に置き換える必要がありました。」とPVを建物の外壁に組み込んだ有名なソーラーアーキテクトのAstrid Schneiderは説明しています。「太陽光発電の追加により、建物の要素は、古い家を革新的な独自エネルギーの発電機に変えた付加的な機能を果たしました。

ソリューション

ハーベスタハウスのPVシャッター  

PVシャッターは、窓と平行に傾けることができます。

Schneiderは屋根の被覆材全体に沿ってPVパネルを配置しただけでなく、南西部にあるファサードの窓の上に遮蔽要素として美的な両面ガラスモジュールを使用しました。必要に応じて、ソーラーシャッターを窓と平行にこれらの前に引き下げることができます。したがって、それらは遮蔽と視覚的なカバーの両方を備えます。

「ここでの建築上の課題は、シャッターの移動機構とモジュールの安全な電気接続を最適に組み込むことでした。」とSchneiderは言います。このように、供給ラインは構造の側面を通して接続されました。「30年以上にわたり延ばすことができる太陽電池モジュールの長寿命化による継続的な動きにより、これらの有感点でラインが消耗する可能性があるため、信頼性の高いコネクタを両端に配置しました。これにより、モジュールのメンテナンスが簡単になり、障害発生時に供給ラインを簡単に交換できるようになります。

PVの建物組込み用SUNCLIX mini  

外形寸法がコンパクトなSUNCLIX miniは、建物の組込みに最適です。

オープンスペースや高い屋上での付随的な要素は、目に見える場所に現れた場合により関連し、それによって美的感覚に影響を及ぼします。モジュールは見た目の美しさが求められるだけでなく、それらの接続テクノロジを隠しておく必要もあります。Schneiderは、薄型設計のBIPV用に特別に開発されたフエニックス・コンタクトのSUNCLIXミニコネクタを選択しました。これにより、接続テクノロジを隠すことができます。

8つのソーラーシャッターの単結晶両面ガラスモジュールは、1160ワットの累積出力を持ち、木製フレームで建物の外観を補完しています。要素内のPVは、厳密な検査でのみ見ることができます。初期状態では、シャッターはウィンドウの側面に配置されています。視覚的カバーまたは遮光要素として使用するには、特別に設計された機構によって窓の手前に移動され、内側からロックされます。

まとめ

Nechlinにあるハーベスタハウスで、ソーラーアーキテクトのAstrid Schneiderは太陽光発電を歴史的建造物にいかに簡単に組み込むことができるかを実証することができました。洗練された接続テクノロジにより、建物の全体的な美的・視覚的印象に影響を与えることなく、メンテナンスがほとんど要らない設計になっています。

Schneiderは次のように述べています。「私はハーベスタハウスプロジェクトを利用することができ、その他の数多くの既存のプロジェクトの参考として、プランナーからリース契約者に至るすべての関係者の期待に応えました。」 「EU建築物指令により、BIPVは急速にさらに発展しています。」

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: