バルブ位置監視

バルブ位置監視

改善された干渉オプション

制御システム内でリアルタイムにバルブ位置情報を無線で送信。

手動バルブは処理工場で多数使用されています。既存のシステムの多くは、手動バルブを使用して長年にわたり首尾よく効率的に稼働しています。バルブ位置の監視は、処理操作の最適化と不正確な操作の防止において、ますます重要な役割を果たしています。

フエニックス・コンタクトは、NAMURセンサ用の特別な入力を備えた事前組立式制御ボックスを提供します。手動バルブのリミット位置決めスイッチは、これらの入力に直接接続されています。これにより、制御室のバルブ位置の概要と同時にケーブル接続を含む理想的なセンサ診断が提供されます。

特長

  • NAMURセンサに基づく連続的なバルブ位置監視の使用によるシステム可用性の向上
  • 即座の干渉を可能にすることで故障低減
  • 直接制御システムから手動システム部品の便利な監視
  • 有線システムや無線テクノロジによるリアルタイムの確実なデータ伝送
  • 事前組立式ですぐに使用可能な制御ボックスにより、すばやく簡単に設置

本質安全I/O機器を介して防爆エリアからデータを収集します

ローカルサブステーション(スレーブステーション)の構造は、電源、ワイヤレスモジュール、および本質安全入力モジュールで構成されています。I/Oモジュールの数は、アプリケーションにより定義されます。システムはモジュール式であり、ローカルバスによって拡張可能です。

分散型変電所に基づくバルブ監視システム  

ゾーン0または1の信号検出用の分散型変電所に基づくバルブ監視システム

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階