石油貯蔵地区

石油貯蔵地区

一貫したモニタリング

弊社の広範なタンクおよびバルブモニタリングのソリューションの専門知識と製品ラインアップが活用できます。

石油貯蔵地区は3つの異なるサイズのタンクで構成されていることが多く、貯蔵量は100,000 m3になることもあります。タンクの充填や排出は連続的に監視する必要があり、信頼性のあるオーバーフロー保護機器を取り付ける必要があります。このための自動バルブ位置監視は欠かせません。

安全なモジュール制御システムとI/O機器、遠隔制御、リモートメンテナンステクノロジ、さらに防爆エリアのシグナル変換器でフエニックス・コンタクトは貯蔵タンクのすべての側面でオートメーションを実現する広範な基盤を提供します。

特長

  • オーバーフロー保護機器の安全性をSIL認定テクノロジで試験
  • NAMUR準拠のI/Oテクノロジでセンサ通信を標準化
  • 幅広い製品ラインアップおよびソリューションと産業分野のノウハウでタンクおよびバルブモニタリングに対応できコンタクトパートナー

バルブ位置モニタリング

バルブ位置モニタリングソリューション  

バルブ位置モニタリングソリューション

パイプラインと輸送システムの故障率を減らしコストを抑えます。

NAMURバルブ位置センサ用モジュールモニタリングソリューションでフィールドの全プロセスを常に確認し評価します。

オーバーフロー保護機器

制御テクノロジとセーフティ部品でオーバーフロー保護  

制御テクノロジとセーフティ部品でオーバーフロー保護

自動タンク充填には多数の特長があります。ただし絶対に信頼性のあるオーバーフロー保護を行うには、SIL 2準拠の独立したセーフティシステムを取り付ける必要があります。

これは流入バルブを確実に切り換える唯一の方法です。フエニックス・コンタクトはこの目的のために冗長制御テクノロジとセーフティ部品で適切なソリューションを提供します。

液面監視

スタッフがタンクの残量を確認  

残量を監視しすばやく反応

石油貯蔵地区を効率的に管理するために残量と温度・圧力を常時監視する必要があります。主に防爆エリアにある他のセンサシステムで測定値を記録します。

このシグナルをすばやく伝送しすぐに反応する最適な制御通信テクノロジパッケージを提供します。

石油貯蔵地区を自動管理するコンプリートソリューション

機能安全に対応する幅広いSIL認定テクノロジ製品ラインアップ、Ex iシグナル変換器、
およびモジュール制御システムで効率的な残量制御を行います。

オーバーフロー保護機器は緊急時にセーフティバルブを制御し輸送原料をすぐに停止するレベル制御と並列に設置します。

石油貯蔵地区を自動管理するコンプリートソリューション  

フエニックス・コンタクトのコンプリートソリューションで石油貯蔵地区管理を効率的かつ安全に自動化

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階