電子式コンタクタでコンベヤベルトの稼働率を向上

概要

Hengstの濾過ソリューション  

Hengstの濾過ソリューションでモーターがより清潔で効率的に動作

  • Hengst SE & Co. KGは車両、商用車、船舶のモーターを清潔で効率的に動作させる濾過ソリューションを開発製造しています。
  • アッセンブリシステムのコンベヤベルトを駆動させるためにフエニックス・コンタクトの電子式コンタクタを使用しています。
  • 堅牢設計、簡単な配線と動作、10倍以上の寿命でHengstは電子式コンタクタを採用しました。電子式コンタクタでシステムの稼働率が向上しています。

お客様のプロファイル

Hengstの濾過ソリューション  

このシステムは主に車両や商用車で使用されている(画像元:Hengst)

家族経営のHengst SE & Co. KGは1958年にドイツのミュンスターで設立されました。

およそ3,000名の従業員を擁し、高品質で多機能の濾過および液体管理システムを車両、商用車、船舶および大型モーター向けに開発製造しています。

このシステムでモーターや機器はより清潔に効率的に動作します。

アプリケーション

生産工場  

この生産システムは社内でプランニング、製造、設置しています。

Hengstの製品は幅広い製造能力から産み出されています。このため他社に依存することなく最高レベルの柔軟性と品質を確保できます。社内生産システムにはソフトウェアと電気設計が含まれており、例外なく社内でプランニング、製造、取付けを行います。システムが要件を満たし、高度な稼働率を示し、個別要件に応じてメンテナンスできるようになっています。

システムで使用する部品の品質、簡単な動作、部品の耐久性が極めて重要です。これを念頭に、Hengstはフエニックス・コンタクト製品ラインアップのCONTACTRON電子式コンタクタを使用して高品質の組立て工場に設置されているコンベヤベルトを動かしています。

ソリューション

制御盤内の電子式コンタクタ  

制御盤の省スペース:1台のデバイスに4つの機能

この電子式コンタクタは組立てシステムで始動し、設置された三相導入モーターの信頼性と低摩耗を実現します。組込みの過負荷機能で障害発生時にもモーターを保護します。また従来のモーター保護リレーと同様にエラー発生時にはレポートを送ります。必要であれば機械指令に準拠してドライブを安全に休止モードに移行させ、DIN EN ISO 13849-1に準拠するPL eやEN 62061に準拠するSIL 3を実現します。こうして電子式コンタクタは22.5 mmの幅に4つの機能を組み合わせます。また従来と同様に、正転および逆転用の2接点、緊急停止の冗長2接点、モーター保護リレーで構成する設計にすることもできます。制御盤に必要なスペースはどんどん少なくなっていきます。

フエニックス・コンタクトの電子式コンタクタは摩耗フリーの半導体とマイクロコントローラで制御できる堅牢なリレーを組み合わせています。半導体はモータープロセスの電源のオン/オフを切り換え、リレーコンタクトは電流を損失なしで送ります。緩やかな切換えとなり、リレー接点の負荷が極めて小さくなります。さらにこのアプローチは複雑で高価なヒートシンクも減らします。電子式コンタクタの寿命も大幅に伸び、純粋なメカニカルスイッチと比較して10倍になります。

また内蔵の負荷とロッキング回路で配線の手間が減ります。主回路に6箇所接続すれば十分です。ハウジング前面で定格モーター電流を無限に設定でき、LEDでデバイスの状態も確認できます。またc接点を通じて制御センターにエラーが報告されます。取り付けた保護回路で過酷な環境でもデバイスを確実に切り換えることができます。制御入力の低電流消費でPLC経由で直接制御できます。

まとめ

Alfons Lehmbrock、HengstのProject Engineer  

Alfons Lehmbrock、HengstのProject Engineer

Hengstは今日まで長年にわたってフエニックス・コンタクトの電気モータースターターを使用しています。「堅牢な設計とわかりやすい配線や動作がCONTACTRONを選んだ理由です」と同社エンジニアリング部門のProject EngineerであるAlfons Lehmbrockは述べます。

Hengstではスイッチの切り換えも多く、寿命が10倍伸びたことも有利な点です。この結果メンテナンスサイクルが大幅に伸び、システムの稼働率も向上しています。電子式コンタクタは出力3 kWのモーターに理想的で、小型の貨物リフトやコンベヤベルトでの使用にも適しています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: