GP Joule社はロイセンケーゲ(Reußenköge)にある本社にてモデル充電パークを建設します。

概要

GP Joule社の施設内充電パーク  

GP Joule社の施設内充電パーク

  • GP Joule社は再生可能エネルギーの専門 - プランニングおよびシステム製造から運用まで
  • これには再生可能エネルギーを使用する大型電気自動車の保有車両の充電要件を満たすことも含まれます。
  • North-Tec社とフエニックス・コンタクトのサポートにより、OCPPバックエンドに接続されたエネルギー管理システムの形式でソリューションをうまく実行しています。
  • 未来志向型でオープンなシステムは、モビリティ革命をエネルギー革命と組み合わせて、未来の充電ステーション用モデルとして供給しています。

お客様のプロファイル

GP Joule社は、再生可能エネルギーに関連するすべての地域の企業、団体、および投資家のパートナーとして、再生可能エネルギーの革新的利用を専門とする企業です。GP Joule社は高度な拡張性と数百メガワットの定格容量を持つエネルギーパークを世界中で建設し、市場に出して、運用しています。

アプリケーション

Dr. Fabian SösemannおよびDipl.-Ing. (FH) Ralf Breckling  

Dr. Fabian SösemannおよびDipl.-Ing. (FH) Ralf Breckling

モビリティ革命では、既存の主電源接続の大規模な再開発をせずに大型自動車の保有車両を充電できる機能など、さまざまな課題に取り組んでいます。「当社が提供する製品およびサービスには、専門技術者、企業、団体のためのカスタマイズされたエレクトロモビリティとエネルギーコンセプトも含まれています。」 ロイセンケーゲ(Reußenköge)にあるGP Joule社のEnergy Supply and Legal AffairsのSenior DirectorであるDr. Fabian Sösemannは、このように説明しています。「私たちはシステムのドライバの1つとしてエレクトロモビリティにより開始されたモビリティ革命を見ています。」

GP Joule社は独自のモータープールを運用しています。これは28台の純粋な電気自動車で構成されており、そのうち3分の2はロイセンケーゲ(Reußenköge)の会社敷地内で充電されています。太陽光発電およびバイオガスプラントの1.5 MWp近くは需要に見合っています。「最大の課題は、再生可能エネルギーの潜在力を最大限に生かしながら負荷を供給することです」、そして「それは従来のグリッドからできるだけ少なく使用するためです。」とSösemannは話しています。またそれは同社のEパーキングができるだけ少ない資源を利用するために設計されたという目的が根底にありました。

ソリューション

中央制御盤内にあるエネルギー測定機器、RCMモジュール、および充電コントローラ  

中央制御盤内にあるエネルギー測定機器、RCMモジュール、および充電コントローラ

ソリューションは、中央制御盤内に搭載されている充電テクノロジのあるマスター/スレーブシステムです。アプリケーションおよびプロセスはその場所から制御されています。フエニックス・コンタクトのEV CC Advancedシリーズの充電コントローラを使用して、充電ポイントに対してIEC 61851充電モード3に準拠した充電プロセスに必要な通信が実装されています。

シリアルバスを介して充電コントローラに直接接続されたキャリブレーションされたエネルギー測定機器は、負荷を管理するために必要な現在の電力値に関する情報を提供します。充電コントローラとRFIDカードリーダーは、イーサネットベースのネットワークを経由してネットワーク化されています。このネットワークは今後の処理のためのデータを中央コントローラ(PC Worx開発環境を利用してIEC 61131用にプログラムされたフエニックス・コンタクトのAxioline 1050)に送信します。

中央制御盤内の電源管理表示  

中央制御盤内のモニタに表示される電源管理

バイオガスプラント制御およびオートメーションテクノロジの専門家としての力量で、Bredstedtを拠点とするNorth-Tec Maschinenbau GmbH社は、充電ソリューションの開発を支援しました。制御プロセスは、利用可能な再生可能エネルギーとの関連で充電される車両の使用目的に基づいて、さまざまな優先レベルを持つ充電カードを使用して実行されます。「電力消費量を最適化できるようにネットワークを常に監視することが私たちの目標です。」 North-Tec.社のGeneral ManagerであるRalf Brecklingは説明します。GP Joule社のEパーキングは現地の配電ネットワークオペレータ用ネットワーク回線の末端に位置し、その状況は多くの駐車ガレージと同様です。

また、電気自動車の充電における事故発生率が上昇すると仮定すると、そこが正にコスト効率の良い適した充電パワーを脅かす障害が発生し得る場所にもなります。「当社の充電コンセプトはそのままこれらのアプリケーションのタイプに転送することができます。」とSösemannは話します。また、コントローラ内の集中型データストレージの必要性について次のように言及しています。「一つの制御センターにすべての信号を送り込ませることによりそれらを会計処理側で評価することができるようになります。」

マスター/スレーブアプローチはまだもう一つの特長があります:それは単一の制御盤内に少数のインテリジェントな部品を集中させ、システムのサービスをより明確に簡単にすることができます。

まとめ

充電バークを含むエネルギー管理システムは、マスター/スレーブアプローチを利用してロイセンケーゲ(Reußenköge)にあるGP Joule本社でのe-モバイルモータープールのために作られました。Sösemannは「再生可能エネルギーの専門家として、私たちはモビリティ革命に向けてさらにまた一歩前進しています。」とまとめています。フエニックス・コンタクトの電源分配アルゴリズムを処理するための充電テクノロジおよびハードウェアプラットフォーム 開発パートナーNorth-Tec社との協力で、モビリティ革命をエネルギー革命と効果的に組み合わせて、未来の充電パーク用モデルを作成する未来志向でオープンなシステムが開発されました。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: