概要に戻る

Linux

リアルタイムOSのすべての特長

リアルタイムOSのすべての特長

LinuxのリアルタイムOSは新しい制御プラットフォームの基礎を形成します。Linuxのあらゆる特性をすべて、制御されたシステムのフレームワーク内で非常に便利に活用できます。例えば、専門知識や無料プログラム(SQLサーバ、ソフトウェアブロック、オープンソースコミュニティのテクノロジなど)を活用することで、オートメーションシステムを非常に効率的かつ簡単に拡張できます。こうして、必要な時にだけ、開発時間やコストを節約することができます。

オープンLinux PCとは異なり、PLCnext Controlでは、PLCの最も重要な基本機能がすでに搭載されているため、プログラミングする必要はありません。これによりソリューションは魅力的で使いやすくなります。タスクスケジューリング、プログラム間のタスク一貫性のあるデータ交換、データロギングモジュールなどの重要なPLC機能は、オープン制御ソリューションの一部としてPLCnextテクノロジに基づいて利用可能となります。PLCnextテクノロジにより、PLC特有のリアルタイム性能とデータの完全性(高級言語およびモデルベースのコーディングを含む)が保証されます。特許出願中のこれらの機能により、効率がさらに向上します。

実行および同期マネージャ(ESM)
ESMはPLCnextテクノロジのスケジュール管理ソフトであり、さまざまなプログラミング言語のプログラムを定義された時系列に変換することができます。

グローバルデータスペース(GDS)
GDSは、プログラムとフィールドバスシステム間でのサイクルに一貫性のあるプロセスデータ交換を保証します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

PLCnext: オープンで高い将来性

PLCnext テクノロジでIoT時代の課題を解決