概要に戻る

診断

診断

障害時のすばやい局所特定

より効率的な生産のために、高いシステム可用性および最短のダウンタイムが不可欠となります。誤動作をローカライズしてすばやく修正し、保守および製造のダウンタイムを大幅に削減する必要があります。PLCnextテクノロジは、組み込まれた包括的な診断コンセプトを採用しています。

コスト効率の良い機器診断 - コントローラなどの個別のコンポーネント内での障害用
当社のコントローラーは、PLCnextテクノロジ、つまりコントローラー上で実行される診断用事前設定ページを備えたウェブサーバで、便利なウェブの管理診断をサポートします。これにより、コントローラーのウェブサーバーに接続するための追加の高コストな診断ソフトウェアが不要になるため、コスト効率の良いソリューションが提供されます。必要なのは、PCやスマートデバイスなどの標準的なブラウザとネットワークアクセスを備えたエンドデバイスのみです。機器用のすべての診断データはブラウザ内に表示されます。

簡単なシステム診断 – システム内の障害(例:生産チェーン内の障害)
PLCnextテクノロジで、すべてのコントローラの診断データを主要制御センターに送信することができます。データの送信は標準化されたOPC UAインターフェース経由で行われます。この標準化により、すべてのネットワーク加入者は、通常発生するコンフィグレーションコストなしで、制御センターと簡単且つ直接通信することが可能です。

便利なアプリケーション診断 - プログラムコードのエラーなどのエンジニアリングのミス
PLCnextテクノロジでは、プログラミング機能と診断機能の両方が、ご希望の使い慣れた環境で利用できます。PLCnextテクノロジでは、使い慣れたデバッグ機能を使用し続けることができます。これはユーザーとして快適に使用できるツールによって異なります。Visual Studio、Eclipse、Matlab Simulink、PC Worxのいずれのアプリケーション内でも、簡単にエラーに対処することができます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

PLCnext: オープンで高い将来性

PLCnext テクノロジでIoT時代の課題を解決