TCP熱式サーキットブレーカ

熱式機器用サーキットブレーカ

熱式サーキットブレーカは、分電システムのコンシューマを、過負荷から最適に保護します。サーキットブレーカがトリップすると、組込みスイッチ機能によりすぐに再起動が可能です。ヒューズとは異なり、サーキットブレーカは交換の必要がありません。過負荷が大きければ大きいほど熱式機器用サーキットブレーカも早くトリップされます。

詳細情報

特長

  • 標準化されたプラグ接点により、すべての平型ヒューズインサートに最適
  • トリップ後もすぐにリセット可能で、ダウンタイムを短縮
  • スリムな設計による省スペースの設置
熱式サーキットブレーカのセレクション

熱式機器用サーキットブレーカ

熱式機器用サーキットブレーカ 機能と設計

通常、熱式機器用サーキットブレーカはバイメタルでトリップされます。障害発生時にバイメタルが加熱され、回路を遮断します。

通常、過負荷が大きければ大きいほど熱式機器用サーキットブレーカも早くトリップされます。

機器の電源はいつでも再投入することができます。熱式機器用サーキットブレーカにはプラグ式仕様が用意されています。

熱式サーキットブレーカを備えた制御盤

制御盤内の熱式機器用サーキットブレーカ

アプリケーション分野

熱式機器用サーキットブレーカの一般的な用途はシステムのセンサおよびアクチュエータです。

これには モータ、加熱部品とファン、起動電流が大きい機器が含まれます。

熱式機器用サーキットブレーカの電圧範囲は、最大250 V ACまたは65 V DCです。