障害を回避するためのアラート

アナログおよびデジタル値をモバイルネットワーク経由で簡単かつ安全に監視します。コンパクトなTC MOBILE I/O X200信号伝達システムを使用すれば、フィールドでもシステムの状態やエラー状態について常に最新の状況を把握することができます。ILC 151 GSM/GPRSモデムを内蔵するモバイルルーターおよびコントローラは、メインタスクのほかにこの機能を組み合わせています。

すべてのソリューションはテキストメッセージをSMSまたはEメールで送信でき、マシンの起動用などに、1つまたは複数のピアスイッチング出力を設定することができます。そのため、損傷やダウンタイムを予防し、コストのかかるオンサイトサービスを回避できます。

  • SMSやEメール経由の自動アラートにより、機械とシステムのダウンタイムを短縮
  • イベント駆動型アラートで、通信費を削減
  • 従来型の携帯電話をピアとして使用可能
  • 携帯電話ネットワークは世界中で利用可能
  • 既存の制御システムに組込み
モバイルネットワーク経由のアラートが機能する仕組みの図

SMSメッセージにより、人間や機械が警告やスイッチング動作にアクセスできるようになります。

SMSを通じた1つのネットワーク

今日まで、障害や重要な閾値がある場合にSMSアラートシステムを使用することによって、現代的な通信方法と比較していくつか利点があります。電波状況が不適切な場合でも、通話やデータ通信が確実に機能しないような状況でもSMSメッセージは伝送できます。これにより、電波状況が悪い場合でもフィールドにいる人への連絡がこれまでないほど簡単になります。

警告メッセージが現場の技術者に到達することを意図しておらず、制御システムのアラーム管理に統合されている状況でも、このテクノロジはソリューションを提供します。フエニックス・コンタクトのコントローラとモバイルルーターをRESY+ファンクションブロックと合わせて使用することにより、SMSメッセージを受信してOPCインターフェースなどのインターフェース経由で制御システムに転送することができます。