Grenzebach Maschinenbau GmbH社のハイテク製造ライン

ハイテク製造ラインの簡単な配線

ババリア(Bavaria)のHamlarにあるハイテク工作機械企業Grenzebach Maschinenbau GmbH社の中央制御盤製造プラントでは約60名の熟練作業員が、毎年1000メートル以上に相当する開閉機器を製造しています。Grenzebach社の製造ラインは世界中で使用され、スループット時間が短いことと、現場での迅速な起動などが成功のカギです。同社は省スペースで時間も節約できるPush-in式接続端子台に頼っています。

前景にPush-in端子台のあるハイテク製造ライン

ハイテクシステム

Grenzebach社は、包括的なハンドリング、処理、オートメーションテクノロジのコンセプトで、この分野で世界をリードする企業の1つです。このメーカーは1,500名を超える従業員を擁し、中小企業に複雑なコントローラを含む完全なシステムを供給しています。システムは板ガラス、乾式壁、断熱板の製造および加工や薄層太陽光発電モジュールの製造に使用されます。携帯電話からスクリーンまで、エンターテインメント業界向けのディスプレイガラスはクリーンルーム条件で製造されます。Grenzebach社のハイテクソリューションは、世界中のオートメーションおよび物流制御の需要が高い地域で使用されています。

Grenzebach Maschinenbau GmbH社の板ガラス加工ライン

開閉機器の幅広い標準化

製造のスループット時間が短いことと、エンド顧客でのシステムの迅速な試運転には、開閉機器の幅広い標準化が必要です。そのため、システム全体はモジュール型機能ユニットに分かれています。例えば板ガラス加工ラインでは、特定の切断プロセス用の標準化された切断機器の制御盤が、それぞれのユニット向けにメイン制御盤にフランジ接続されています。

制御盤を簡単かつ確実に配線するため、Push-in式端子台のメリットを活用しています。「フェルール付きの非常に小さい電線も、特殊な工具不要でクランプスペースに簡単に挿入することができ、配線時に時間を大幅に節約することができます。

Michael Biller - Grenzebach Maschinenbau GmbH, 制御盤製造の主任兼チームリーダー
Michael Biller、制御盤製造の主任兼チームリーダー
Push-in式接続テクノロジの二段型端子台

Push-in接続テクノロジで、すばやくエラーのない配線

Push-in端子台の特殊なスプリング形状により、電線挿入力が50%軽減され、0.34 mm²以上の電線の直接ばね式プラグインが可能になります。同時に高い導体引張強度の場合も、接続は安全で気密、かつ耐振動性があります。例えば誤った工具の使用など、不正な操作の場合には、オレンジ色の開放ボタンが端子を損傷から保護します。建設現場では、制御盤はより迅速かつ安全にシステムを接続します。押しボタンにより、電線の挿入ミスを防ぎます。
最高16 mm²のPush-in端子台は、CLIPLINE completeシステムの不可欠な部品です。その結果、製品シリーズは、プラグインブリッジ、試験用アクセサリ、マーキングなど、同じシリーズのアクセサリを使用します。

Grenzebach社のシステムは世界中で使用されるため、端子台のUL認証と振動および衝撃への耐性が重要な役割を果たしています。Biller氏:「システムが建設現場に移送されるとき、振動と衝撃の負荷がよく生じます。それにもかかわらず、すべての接点は完璧に動作しなければなりません。」

Push-in式端子台は、あらゆる産業や市場で使用できるように、DIN EN 60947-7に準拠して設計されています。米国市場向けのULおよびcUL/CSA規格に準拠する認証に加えて、IEC-EXに準拠の輸送、造船およびプロセス産業向けの業界固有の認証も利用可能です。