概要に戻る

特長

ビルとシステムを確実にモニタリング

LM-S落雷モニタリングシステム  

LM-S落雷モニタリングシステム

この新システムでより安全に分散エネルギー生産ができるようになります。落雷は常に検出され、評価されます。サージと想定されるシステムへの損傷に即座に対応できます。予防保守を行って二次被害と長時間ダウンタイムを最小限に抑え、不要なメンテナンス作業を減らします。

このシステムは+/-5~250 kAのサージ電流に対応します。正電流と負電流の両方を検出し、それぞれの電流値を測定します。このため雷電流を詳細に解析できます(Imax、dI/dt、固有エネルギー、電荷)。

光測定原理と光信号通信で、デリケートな電子機器を含むエリアに電気的な障害をもたらす要因が入り込むリスクがありません。

システムはモジュール構造で柔軟に使用できます。頑丈な設計のLM-Sは激しい温度変化と気候の影響にきわめて強く、耐衝撃性と耐振動性がきわめて高くなっています。

雷モニタリングシステムで潜在的な被害を検出し、コストの発生を防ぎます。このシステムの利用には次のメリットがあります。

  • 二次被害が限定的
  • ダウンタイムの短縮
  • コストを節約
  • システムの可用性が高まる

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階