概要に戻る

変電所

高圧電線に落雷すると変電所の変流器に負荷がかかります。多くの場合、サージ保護エレメントは変流器の一次側に接続します。サージ保護エレメントは結合過電圧のサージ電流を地面に流します。従来は保護エレメントとしてスパークギャップが使用されていました。最近はバリスタを用いることが多くなっています。

LM-Sアプリケーションの変電所での使用例

LM-Sアプリケーションの変電所での使用例

LM-Sで保護エレメントの実負荷を検出して評価できます。負荷限界を早期に検出し、影響を受けた保護エレメントを交換できます。

センサは保護エレメントと接地をつなぐ引下げ導線に取り付けます。測定信号は光ファイバーで評価ユニットに送信し、評価ユニットはリモート制御盤に設置されています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階