自立・適応型生産システムで製造を最適化

概要

インダストリー 4.0で生産のコストパフォーマンスが向上する  

インダストリー 4.0で生産のコストパフォーマンスが向上する

  • 今日、機器やシステムにはデジタル化、柔軟性、インテリジェントであることが必要です。
  • ヒト、モノ、システムを1つにまとめて自己編成による動的なバリューネットワークを作り出せば、さまざまな基準に合わせることができます。

アプリケーション

明日の知的生産ネットワーク  

明日の知的生産ネットワーク

企業は製造工程で製品の構成変更を求められることがよくあります。建設計画に新しい内容を追加する必要があったり、製造する製品の数を増やしたり、従来知られていなかった生産資源が新しい可能性を開くこともあります。このような場合、適応型システムであれば製造順序を変えることですぐに対応できます。

自立・適応型アプリケーションの実例がI/Oモジュール製造システムです。課題の1つに増え続けるさまざまなI/Oモジュールを製造することがあります。時には少量バッチでの注文や、個別モジュールのプロトタイプ、長期にわたる低コストが求められることもあります。

ソリューション

1バッチのI/Oモジュールを低コストで製造  

1バッチのI/Oモジュールを低コストで製造

現在I/Oモジュールは事実上どのような要件にも対応できる工程を持つ生産システムで製造されています。

これが可能なのは自由に組合せ可能なシステムモジュールを使用しているからです。このためには統一されたインターフェースと基本工程の自律制御が必要です。このコンセプトにより種類が異なっても同時に生産することが可能になります。製造工程の段階で必要なすべてのワークステーション、アッセンブリ機器、テストセルを製造システムに接続できます。

ワークピースキャリア循環システムは自由に拡張できるシステムで、1つの製造システムを作るために考えうるすべての生産資源を柔軟にネットワーク化することができます。最適な循環アーキテクチャだけではなく、個別の生産資源を場所にかかわらず使用できるようにするために電気および電空の統一インターフェースが必要です。これには手動ワークステーションおよび全自動マーキングセルが含まれます。さらに、関係するすべてのリソースは製造コンセプトにそれらをリモートで組み込むために、特別な生産ではない基本的なプロセスを独立して制御します。

まとめ

小バッチでも大量生産と同じコストで製造できるようになっています。新製品を導入するアイディアをまとめるのは従来より簡単です。メーカーは販売量が増えてもすぐに対応できます。このためにたとえば同じ工程を2つにします。

このため現在の販売量に対応させるために余裕を持って機器に投資することができます。また製造工程の技術開発を生産ラインにすばやく簡単に組み込むことができます。このとき必要なのはプロセスモジュール数点を交換することだけです。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階