飲料産業の制御盤製造:1バッチでも低コスト

概要

KronesはClipXコンセプトを信頼している

KronesはClipXコンセプトを信頼している

  • 瓶詰めおよび梱包システムのグローバルメーカーであるKrones AGはソリューションのみならず製造工程も常に最適化しています。
  • フエニックス・コンタクトのコンセプトを用いれば増え続ける制御盤をすばやく低コストでエラーなしで製造できます。

アプリケーション

インダストリー 4.0の視点に立ったシステム開発  

Kronesは革新的なシステムを開発

Krones Groupはプロセステクノロジ、瓶詰め、梱包テクノロジ分野の機器やコンプリートシステムを計画、開発、製造しています。これまで生産ラインに必要な完全アッセンブリの端子台列は数ステップで手動アッセンブリされてきました。

端子台はDINレールを指定の長さに切断してからスナップ止めする必要がありました。そして担当者がマーキング材、コネクタ、ブリッジ、アクセサリなどをアッセンブリして取り付けていました。

ソリューション

eCl@ssとAutomationML  

一貫した標準:eCl@ssとAutomationML

フエニックス・コンタクトが設計したこのシステムは自社の工作機械部門で開発されたClipx-CutterとClipx-Loaderのテクノロジを組み合わせています。

マガジンに収納されているDINレールは無駄が出ないように指定の長さに個別に切断されます。切断したDINレールは補助デバイスに入れて手動でシステムに移すことができます。次のステップでは優れたマガジンテクノロジを使ってDINレールを50種類の端子台に全自動でアッセンブリします。特許取得済みのロジスティクスソリューションで担当者は一次生産工程の途中でマガジンを充填することも必要に応じてすべて交換することもできます。オペレータ用に設計されたセットアップアシスタントで他の端子台をガイド付きで組み込むことができます。このときシステムをプログラミングしたり厳重な管理の下で操作する必要はありません。

このシステムではClipx-Controlを用いてエンジニアリング部門とメーカーの注文共同管理システムに自動的に発注します。このとき途中の手順は不要ですが担当者にはシステムの状態が常に通知されます。システムでは発注できるかどうかおよびエンジニアリングエラーがないかどうかもチェックし、エラーがある場合は確認のために注文を送り返すことができます。

このとき使用するE-CADソフトウェアデータからメーカーの制御システムまでのデータに一貫性があることが重要です。このように先進的なインダストリー 4.0プロジェクトの中心的な側面がソリューションに組み込まれ、1バッチの製品を連続生産のコストで製造します。

まとめ

Kronesとフエニックス・コンタクトは制御盤製造分野のサブプロセスに関するコンセプトですでに協力しており、これは他の制御盤メーカーでも使用される予定です。

たとえばeCl@ss分類標準をベースにした製品データの標準化に取り組んでいます。同じ内容の製品記述がAutomationMLなどの統一記述言語に変換されれば、多数のシステムやツールがある異なるシステム環境でも必要な情報が適切な時に適切な場所で利用できるようになります。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階