インダストリー 4.0 – 用語集

インダストリー 4.0 – 用語集

インダストリー 4.0では多数の技術用語が使用されています。主な用語をここで説明します。

インダストリー 4.0の用語を簡単に説明

インダストリー 4.0やモノのインターネットの議論や複雑なテーマを扱うときにさまざまな専門用語が使用されており、それらの意味を理解することが重要になります。使用頻度の高い用語について簡単でシンプルに以下で説明されています。

仮想データと現実のデータをコンピュータを援用してリンクするモデル。ユーザーにはプランニングデータなどのように現実製品と比較できる追加情報が提供されます。

モデルエレメントの組合せはその建設、開発、および利用を目的とする原則や規則に基づいています。

インダストリー 4.0の部品を独自に世界的に識別することができる通信可能な機器と管理シェルおよび物理的アイテム(資産)です。

オートメーションマークアップ言語は、データ交換用XMLフォーマットです。AutomationML™は、オープン標準であり無料でご利用いただけます。これは、プログラミング、操作、およびデジタルツールのデータ交換に関して一貫性を達成するための数多くのオプションを提供しています。

顧客データ、機械データ、エネルギーデータなどの大容量データ このデータのインテリジェントな評価のために、個々の顧客プロファイル作成や生産工程および予知保全の永続的な最適化など、ユーザー指向のサービスが必要とされています。新しいビジネスモデルはこれに基づいて作成することができます。

インテリジェントな情報技術(仮想)部品や機械的および電子的(物理的)な部品で構成されたシステムは、データインフラ(例えば、インターネット)を介して通信しています。現実と仮想世界がここで一つになります。

生産に使用されるサイバーフィジカルシステム

インターフェースを介してエンティティまたは組織によって提供される機能の区画範囲。

デジタルテクノロジと技術の使用により、日常生活、経済、そして社会全体に大きな変化がもたらされます。企業がデジタル技術や組織的・経済的状況の変化を受け入れる時、あるいは革新的な製品やサービスが出てくる時に、この用語が頻繁に使用されます。性能、提供されるサービス範囲、および顧客との対話間で区分されます。

アナログ値がデジタル形式に変換され、通信、デジタル処理されます。

デジタル変換に関連付けられた変更が突然発生する際に、この用語がしばしば使用されます。技術革新で市場のさらなる発展に貢献する一方で、破壊的改革は、完全なる再構築や既存のビジネスモデルの終了を指します。

製品やサービスの分類および固有の説明のための産業全体の製品データの基準 Release 10.0の時点では、eCl@ssは調達、制御、および販売におけるアプリケーションに適合しているだけでなく、会社全体のプロセスデータ管理およびエンジニアリングのためにも使用することができます。

情報世界でその重要性のために管理される固有に識別可能な項目

アプリケーションまたはアプリケーション・ソフトウェア・システムやITシステムを通信するグループは、全社を通じてリソースプランニングをサポートするために使用されています。

モノ(モノ、機械、システム)と人(該当する場合)のネットワーク このネットワークでは、それぞれのコンポーネントが自分の場所、機能、ニーズを認識しています。他のコンポーネントと通信する際に、コンポーネント同士がお互いに自分の機能を利用して必要なものを収集します。目的はタスクを自律的に行うことです。

産業用アプリケーションに関連したモノのインターネット。

考案、アルゴリズム、モデル、また仮想環境における実際のモノと人の表現のすべて。

インダストリー 4.0のライフサイクルを考慮した場合、型式とインスタンスとの間で区分されます。

シリーズ製品は、型式に基づいて製造されています。製造され、この型式のインスタンスを示すあらゆる製品は、特有の属性(例:シリアル番号)が割り当てられます。顧客にとって、その製品は最初はただの型です。実際のシステムに組み込まれた時、それらはインスタンスになります。

ドイツ連邦政府の今後のプロジェクト名 インダストリー 4.0は、複雑な生産プロセスを新しいテクノロジで最適化するためのソリューションを提供します。産業生産とITはますます近づいています。包括的な目的は、国際的に製造業界でドイツのトップクラスの地位を確保し、強化することです。

インダストリー 4.0の部品は、さらに詳細にサイバーフィジカルシステムの特性を説明するモデルです。要件を満たしている場合、生産されているハードウェアおよびソフトウェア部品はインダストリー 4.0対応です。それらは生産システム、機械または制御盤の部品となることができます。

管理シェル:開発から廃棄までのライフサイクル全体を通して、インダストリー 4.0の部品が電子的な保護されたコンテナへのすべての関連データを収集します。このデータは、付加価値プロセスに関与するすべての企業で利用可能です。

RAMI 4.0と共に、インダストリー 4.0の部品はインダストリー 4.0の一環として未来の製品やビジネスモデルの開発のための基礎として機能しています。

特定の目的を果たし、下部通信及び識別性とインダストリー 4.0の部品とモジュールから構成されるシステムは、特性を定義し、標準化されたサービスおよび状態をサポートしています。

ただ既定のアルゴリズムを実行するだけではない学習システム。コンピュータシステムで使用される深い学習方法は、情報のパターンを認識するために教えることが目的となります。コンピュータはこれらを分類し、このデータがそれぞれの文脈に持つ意義について個々に特定していきます。

人工知能により、モノのインターネットからなどの大容量データは有意義な方法で評価することができます。

アプリケーションの分野における側面の決定的で十分に詳細な抽出。

2008年に発表されたOPC Unified Architecture(UA)は、個々のOPC Classic仕様のすべての機能を拡張可能なフレームワークに組み込むプラットフォームに非依存のサービス指向型アーキテクチャです。OPC UAは、機械間のデータ伝送のための産業用通信プロトコルです。それにより、制御変数や測定値などのような機械データは伝送され、機械可読形式で記述されるようになります。

openAASプロジェクトは、建築モデル(RAMI 4.0、インダストリー 4.0の部品)のZVEIの概念作業と企業の開発部門におけるインダストリー 4.0の実用的な実装の間の隔たりを埋めることを目的としています。

RAMI 4.0は、製品やシステムが分類できる3次元層モデルで、インダストリー 4.0のすべての重要なエレメントを結合します。それにより、現状からインダストリー 4.0の世界に段階的な移行ができるようになります。

三つの軸、「階層レベル」、「ライフサイクル&バリューストリーム」と「レイヤ」を使用して、インダストリー 4.0のソリューション用に3Dマップが作成されます。

インダストリー 4.0の部品と共に、RAMI 4.0はインダストリー 4.0の一環として未来の製品やビジネスモデルの開発のための基礎として機能しています。

一般的に使用され、適切に認識されているアーキテクチャの記述のためのモデル。モデルのエレメントは、原則と規則に基づいて組み合わされています。

特定のモデルを派生させるために、一般的に使用され、適切に認識されているモデル(推奨の特性を使用)。

これは、あらゆる段階で最適な価値創造を達成する、効率的かつ適応性のある生産システムを示しています。コスト、可用性、リソースの使用など、さまざまな基準に準拠して自己組織化された付加価値システムを最適化することができます。

インダストリー 4.0のライフサイクルを考慮した場合、型式とインスタンスとの間で区分されます。

製品、機械またはシステム用の始めの考案は、型式になります。すべての開発段階が完了した後、シリーズ生産のために認証されます。

インダストリー 4.0のシステム内のインダストリー 4.0の部品の仮想デジタル表現およびアクティブ表現。ハードウェアまたはソフトウェア部品のすべての関連データは、管理シェルに格納された仮想イメージを作成します。

生産界での絶え間ない変化は新しいものではありません。結局のところ、始めの3つの産業革命により、蒸気エンジン、労働分業に基づく大量生産、制御テクノロジによるオートメーションがもたらされました。当社では今、第4次産業革命に注目しています。ITと生産の世界が付加価値システムを創出するため融合し始めています。

ユーザーは通常VRメガネを使用し、360度の仮想世界に完全に没頭します。AR(拡張現実)とは異なり、ユーザーはもはや現実の環境を知覚することはありません。

参考事例

  • 「プラットフォームインダストリー 4.0」
    http://www.plattform-i40.de/I40/Navigation/EN/Service/Glossary/glossary.html、2017年7月17日
  • 「<AutomationML/>」, https://www.automationml.org/o.red.c/organisation.html、2017年7月17日
  • 「Begriffe」 http://i40.iosb.fraunhofer.de/FA7.21%20Begriffe、2017年7月17日
  • 「eCl@ss」、https://www.eclass.eu/eclasscontent/standard/overview.html.en、2017年7月17日
  • 「リファレンスアーキテクチャモデルRAMI 4.0およびインダストリー 4.0の部品」
    https://www.zvei.org/en/subjects/industry-4-0/the-reference-architectural-model-rami-40-and-the-industrie-40-component/、2017年7月17日
  • 「Unified Architecture:統一アーキテクチャ」、https://opcfoundation.org/about/opc-technologies/opc-ua/、2017年7月17日
  • 「openAAS」、
    http://www.openautomation.de/detailseite/openaas-erster-meilenstein-gesetzt.html、2016年9月26日
  • 「Lexikon」、https://www.gruenderszene.de/lexikon/begriffe、2017年7月17日

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階