インダストリー 4.0

インダストリー 4.0

未来のスマートな生産システム:当社の実績とソリューションにより、次世代に向けた御社の生産システムの準備を支援します。

カテゴリ

インダストリー4.0(Industrie 4.0)とは?

スマートファクトリーは、個々の製品を顧客の仕様に合わせて生産します。  

インダストリー 4.0とモノのインターネット

現在産業界がデジタル時代のあらゆる課題に直面し、取り組むプロセスと変化を、「インダストリー 4.0」のキーワードとしてとらえることができます。

インダストリー 4.0は、製品、生産技術、生産プロセスのデジタル化を意味します。デジタルデータは、ビジネスおよび付加価値の創出に関わるすべての人々により、社会全体で使用されています。製品のライフサイクル全体にわたって、仮想世界と現実世界の間の境界があいまいになっています。

このような変化に基づき、IoT(モノのインターネット)が登場しました。そこでは識別可能な部品や製品、またはシステムが仮想空間上に表されています。この世界では、産業におけるすべての部品がつながります。人々、機械、製品はすべて互いに通信し合います。

なぜ第4次産業革命?

スマートファクトリーの目的は、生産現場のデジタル化です。  

第4次産業革命

生産での絶え間ない変化は全く新しいものではありません。3段階にわたる産業革命により、蒸気エンジン、労働分業に基づく大量生産、制御テクノロジによるオートメーションがもたらされました。今私たちが目にしているのは、スマートな生産に向けたデジタル変革です。インダストリー 4.0は、複雑な生産プロセスを新しいテクノロジで最適化するためのソリューションを提供します。産業における生産とITはますます近づいています。

この第4次産業革命は、スマートファクトリーの出現を予見しています それは、あらゆる段階で最適な価値創造を達成する、効率的かつ適応性のある生産システムを指します。コスト、可用性、リソースの使用など、さまざまな基準に準拠して自己組織化された付加価値システムを最適化することができます。

フエニックス・コンタクトのインダストリー4.0

フエニックス・コンタクトでは、製品は完全に自動化されたプロセスで1つのバッチサイズで生産されます。  

スマートな生産システムの例

フエニックス・コンタクトはお客様やパートナーと協力し、積極的に次世代型のソリューションの形成に取り組んでいます。産業用機械やオートメーションの分野で100年近くの経験を持つ当社は、世界のデジタル変革を実現し、次世代のスマートな生産システムへ変革するために良い位置にいます。

フエニックス・コンタクトが信頼できるパートナーとされる理由を3つあげるとすれば、幅広い製品群の生産能力、社内生産による産業機械、専門的なオートメーションノウハウです。

当社の生産プロセスは、現在可能な最新技術の数々を実証しています。インダストリー 4.0の実装には、さまざまな使用例があります。効率と柔軟性を最大限にするための、よりスマートな生産プロセスで競争力を向上します。当社はこれを実現にするために、部品、システム、ソリューションを開発しています。

当社の実践的な活動

インダストリー 4.0のメリットをより具体的に実証するため、当社は実践的に取り組んでいます。

実践的な活動分野の詳細については下のリンクをクリックしてください。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス


実用される拡張現実(AR)

機械とシステムのネットワーキングによりデジタル化の基礎が形成されます。


スマートファクトリー

生産工程のデジタルデータの一貫した使用


生産性を向上

スイッチング機器製造のデジタル化