タワー照明ソリューション

概要

風力発電のタワー  

非常時も確実にタワーを照明

  • 風力発電の作業エリアと非常口の広範な照明でスタッフの安全を確保します。
  • フエニックス・コンタクトは無停電電源から照明までコンプリートシステムを提供します。
  • このシステムでサービス担当者の快適な作業環境と停電時の安全な降下を確保します。

アプリケーション

風力発電で従業員の安全性を確保するために、タワーを確実に照明する必要があります。照明の設計には50308規格が適用されます。この標準では作業エリアと非常口の輝度が規定されています。現在も多くのメーカーが旧来の蛍光灯に頼っており問題の原因になることがよくあります。

最新の照明システムにするには、LEDベースで事実上メンテナンスフリーの照明ソリューションを使用すべきです。こうすればメンテナンスコストが低下し効率が上がります。フエニックス・コンタクトはこの点を考慮して風力発電の照明システムを開発しました。非常口も対象とするシステムです。

ソリューション

タワー照明のコンプリートソリューション  

タワー照明のコンプリートシステム

フエニックス・コンタクトは一括給電の無停電電源、プリアッセンブリのケーブルハーネス、LEDモジュールを接続した制御盤からタワー照明を行うコンプリートシステムを提供します。LEDモジュールはEN 50308準拠でIP65保護です。LEDモジュールのサービス寿命は50,000時間で、システムは事実上メンテナンスフリーです。とはいえ万一LEDモジュールにエラーが発生した場合はすぐに取り外して特殊設計の接続システムで交換できます。このため照明のスイッチは切らないでください。

LEDには交流で動作する電源ユニットが組み込まれています。一括給電を行うためにフエニックス・コンタクトはIQテクノロジを搭載したQUINTシリーズのUPSを使用しています。UPSバッテリーはタワー下部に設置されておりすばやく簡単に交換できます。このためサービス担当者がはしごを登ってLEDモジュールのバッテリーを交換する必要はありません。IQテクノロジが使用されていることから電源とバッテリーは常時通信できます。こうしてバッテリーの充電状態、性能、サービス寿命の残りを知ることができます。このためメンテナンス作業をすばやく調整できます。サービスエンジニアが照明のないシステムから降りてくる必要はありません。

QPD設置システム  

低電圧指令で主電源の安定性を確保

はめ込み式のケーブルハーネスですばやく設置

実績のあるフエニックス・コンタクト製QPD設置システムで個別部品を低コストで接続できます。このソリューションはジャンクションボックスベースの従来のケーブル配線よりもはるかに優れています。風力発電メーカーはプリアッセンブリしたケーブルハーネスをシステムの種類ごとにフエニックス・コンタクトに発注しています。接続するだけなので現場に電気技術者がいなくてもかまいません。以前は現場での配線は面倒で時間がかかる作業でしたが、現在は迅速なプラグアンドプレイソリューションに変更されています。

タワー照明トポロジ

照明には手間のかからない配線が不可欠

特長

  • リモートモニタリングで最適なサービスコールプランニング
  • サービス寿命50,000時間のLEDで照明はメンテナンスフリー
  • 特別な工具を使用しない照明ソリューションをすばやく簡単に取付け
  • 無停電電源の一括給電で安全な非常口照明

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: