近代化の洪水防止:低コストで高い可用性

概要

より高い水路への水のくみ上げ  

Nimjegenポンプ場内の送水ポンプ

  • 都市や地域を洪水から守ることに関しては、都市化の進展と地域的な気象事象は国境を越えた水規制に新たな課題を生み出します。
  • フエニックス・コンタクトは、洪水防止に貢献し、エンジニアリングの手間を軽減、同時にシステムの可用性を向上させる総合的なオートメーションソリューションを提供します。
  • オートメーションソリューションは、すばやく安全な信号処理だけでなく、個別の工程パラメータの効率的な概要も提供します。

お客様のプロファイル

Nimjegenのポンプ場  

Nimjegenのポンプ場

Rivierenlandにあるオランダ水道当局は、合計約95万人の住民がいる38の市政機関の水収支を担当しています。

Nimjegenのポンプ場は河川の水位を制御するため、OoijpolderとDüffeltの市民およびLower Rhineの干拓地エリアは常に洪水から保護されています。

アプリケーション

RFC 470 PN 3TX高性能コントローラ  

RFC 470 PN 3TX高性能コントローラ

人口の増加とそれに伴う都市化の進展は、都市インフラの成長を持続させます。そのため、水などの天然資源を扱う際には、現地の要件や事象を単に考慮するだけでは十分ではありません。したがって、都市や地域を洪水から守るためには、国境を越えた水規制が必要です。

国際水道協会のプロジェクトの一環として、合計165の堰と135ヵ所の水路のポンプ場が最新技術に転換される予定です。これは、地方のRivierenland水道当局により運営されるNimjegenのランドマークであるポンプ場にも影響します。オランダとドイツ間の共同プロジェクトの一環として、今日まで使用されたリレーテクノロジは、フエニックス・コンタクトの最新オートメーションソリューションに差し替えられました。

ソリューション

制御盤内のタッチパネル  

タッチ機能付きパネルPC

中央に設置されたRFC 470 PN 3TXコントローラは、現在は最大3台の大型ポンプを管理しています。PROFINET経由で周波数インバータを読み出すので、ユニットを常に監視することができます。PROFINET IL PN BK DI8 DO4 2TXバスカプラは、システム全体に分散され、さまざまなセンサとアクチュエータをデジタル信号とアナログ信号を介して接続することができます。シンプルな診断オプションは、トラブルシューティング時に障害が発生した場合に従業員をサポートし、ポンプ場の可用性を向上させます。

従業員はまた、作業中いつでも工程に介入できなければなりません。このため、タッチパネルが制御盤扉に取り付けられています。ここで、すべての測定データならびに動作データが明確に表示され、必要に応じて手動で変更することができます。SCADAシステムはコストが高いため、担当者はウェブの表示ソフトウェアであるWebVisitを選択しました。それはイーサネットを介して中央コントローラで通信し、ウェブページを介してパネル上に現在の情報を表示します。このように、従業員は安全なVPNトンネルを介して、すべてのポンプ場と堰の現在の値を引き出すことができます。これは障害が発生した場合に迅速な対応が可能であるということです。ウェブページの設計、コントローラとドキュメンテーションのプログラミングのための標準が策定されました。この単純化によりエンジニアリングコストの削減

リモートシステムを絶えず監視するために、最も重要な測定および制御データは、遠隔制御プロトコルIEC 60870-5-104を介して安全且つ確実に制御センターに送信されます。ポンプ場に設置された中央コントローラは、制御室によってトリガされた制御コマンドを処理し、現在の動作データをVPN接続を介して送り返します。データ送信が中断されると、すべての情報がタイムスタンプとともに発行され、RFC 470 PN 3TXのメモリ内に格納されます。通信が復旧すると、コントローラは正しい順序でデータを制御室に伝送します。

まとめ

旧式のリレーテクノロジを近代化に加えて、水道当局は2030年までにカーボンニュートラル化を目指しています。この目標を達成するために、ソーラーパネルおよび小型風力タービンは、堰に局所的に供給するのに必要なエネルギーを生成します。これが各システムを動作させるのに十分であるためには、低消費電力の電気部品の使用が不可欠となります。

既存の非効率的な機器は、フエニックス・コンタクトの効率的なオートメーション製品に交換されています。このような交換は、すべての堰の資源効率の良い運用を可能にし、つまり環境保護に貢献することになります。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: