ヴァーレンドルフ下水処理場のプロセス表示と状態に基づいたメンテナンス

概要

ヴァーレンドルフ下水処理場ばっ気槽の生物学的浄化  

ヴァーレンドルフ下水処理場のばっ気槽

  • ヴァーレンドルフ下水処理場はメインの中央下水処理場1箇所と外部に分散する複数の建造物で構成されています。
  • 高度な柔軟性と効果を実現するためにフィールドデバイスと制御システムの間でFDTテクノロジによる標準データ交換が行われています。
  • フエニックス・コンタクトの最新表示ソリューションで高速アラーム管理と包括的なドキュメンテーションを行うことができます。
  • 直観的なユーザーインターフェースでわずかな手間で表示を変更しプロセスとシステムに対応させることができます。

お客様のプロファイル

ヴァーレンドルフ下水処理場の航空写真  

ヴァーレンドルフ下水処理場の航空写真

最新のヴァーレンドルフ下水処理場は多数のシステムと建造物で構成されています。メインの下水処理場は80,000名の住民を対象として設計されていますが、他の小さな処理場では7,000名が対象です。

11箇所のポンプ場と25箇所ほどの専用建造物が相互につながっており 配管総延長は250 kmを超えています。

アプリケーション

ヴァーレンドルフ下水処理場、運転コンセプト  

FDTフレームワークアプリケーションのユーザーインターフェースを通じてフィールドデバイスを簡単に組込み

複雑さを増すプロセスにはさらにインテリジェントで信頼性のあるフィールドデバイスが必要です。システムオペレータは中央からあらゆる運転データと診断メッセージを呼び出して、操作中にインテリジェントフィールドデバイスのパラメータ設定と診断ができなければなりません。こうしてシステムの全エリアで高度な柔軟性と効果を実現させることができるのです。

このときの中心的な構成要素はFDTテクノロジで、フィールドデバイスと制御室の間で標準的なデータ交換を行うことができます。表示プロセスには動作中にユーザーが簡単に操作できる極めて便利なソリューションが必要です。突発的な事態にすばやく対処するため、オペレータは複雑なシステムの異なるエリアを次々と確認できなくてはなりません。また表示ソリューションはシステム部品のラインアップを接続するためにさまざまな通信インターフェースを搭載している必要があります。ラインアップは年月とともに増えており、多数の伝送プロトコルが使用されています。

ソリューション

ヴァーレンドル下水処理場、プロセスの最適化  

標準通信インターフェース経由でフィールドデバイスを接続

FDTフレームアプリケーションはさまざまなデバイスと通信ドライバで構成されており、設置されているすべてのフィールドデバイスの概要をオペレータに伝えます。デバイスDTMはさまざまな場所のインテリジェントフィールドデバイスから運転データ、アラーム、主な測定値をいつでも呼び出すために使用できます。このように標準通信インターフェースがあるため下位のバスシステムには出番がありません。

障害発生時はFDTフレームアプリケーションを通じてエラー箇所をすばやく特定できます。つまりオペレータは目指した方法で障害に対応できます。同じように重要なのが新しいハードウェアを既存のアプリケーションにすばやく簡単に組み込むことです。ユーザーはデバイスDTMをフレームアプリケーションに組み込むだけです。次のステップでユーザーはリモートまたは現場で直接フィールドデバイスにパラメータ設定をし今後のタスクに合わせて調整できます。

ヴァーレンドル下水処理場、プロセスの最適化  

状態に基づいたメンテナンスであらゆる診断データを表示

すばやく場所を特定しエラー除去

このローカル表示システムは固定のコンピュータ1台にモニタ2台を接続して構成されています。データはコントローラからフエニックス・コンタクトのローカルVisu+表示ソリューションにOPCプロトコルで伝送されます。オペレータはVisu+を使って処理工程全体を監視し、必要に応じてすばやく介入できます。個別デバイスの測定値、切換え回数、運転時間がユーザーに全体像または傾向グラフで表示されます。

さまざまな処理変数があり正確に比較するのは困難です。このためさまざまな調整やフィルタがある多数の傾向グラフをVisu+で作成します。こうして関連情報を精査できます。

このローカル表示システムはアラーム管理も行います。実行中にエラーが発生するとすぐにVisu+から担当者にエラーメッセージが送信されます。つまりオペレータにはシステムの状態がすぐに伝わり、ただちに行動に移すことができます。

まとめ

ヴァーレンドルフ下水処理場、運転コンセプト  

ヴァーレンドルフ下水処理場のTechnical Manager、Tim Jungmann

コストパフォーマンスへの要求は高まる一方です。これを念頭に置いて、情報をまとめて所定の方法で担当者に転送することの重要性が高まっています。Visu+表示用ソフトウェアはこの一般要件を実現します。

「直観的なユーザーインターフェースで、同僚たちは必要に応じて表示を簡単に変更してプロセスやプラントに対応できるるようになっています。」とヴァーレンドルフ下水処理場のTechnical Manager、Tim Jungmannは述べます。それだけではなく、早い段階でエラーを検出して根絶することもできます。

「FDTテクノロジを使用することで、チームはプラント全体とすべての分散サブステーションをヴァーレンドルフの制御室から動かしてメンテナンスに関連するデータをすべて記録できるようになりました。とても便利です。」とJungmannは補足します。「このコンセプトは、できるだけ低エネルギー効率および低コストで下水処理場を制御しようというわれわれのアプローチをサポートします。」

製品

説明型式製品番号
PROFINETバスカプラ、分散I/Oデバイスの接続用IL PN BK DI8 DO4 2TX2703994
フエニックス・コンタクトの制御テクノロジを拡張するためのPC WorxのソフトウェアライブラリWATERWORX2400180
SCADA機能を搭載した表示用ソフトウェアVISU+ 2 RT2400126
FactorylineワイヤレスBluetooth EthernetポートアダプタFL BT EPA2692788
Inline Controller、PROFINETインターフェースを接続ILC 350 PN2876928
外付け変流器で動作する電子モーター管理EMM 3-230AC/500AC-IFS2297507
モデムPSI-MODEM-SHDSL/ETH2313643
説明型式製品番号
PROFINETバスカプラ、分散I/Oデバイスの接続用IL PN BK DI8 DO4 2TX
フエニックス・コンタクトの制御テクノロジを拡張するためのPC WorxのソフトウェアライブラリWATERWORX
SCADA機能を搭載した表示用ソフトウェアVISU+ 2 RT
FactorylineワイヤレスBluetooth EthernetポートアダプタFL BT EPA
Inline Controller、PROFINETインターフェースを接続ILC 350 PN
外付け変流器で動作する電子モーター管理EMM 3-230AC/500AC-IFS
モデムPSI-MODEM-SHDSL/ETH

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: