可動橋

可動橋

安全性は私たちの原動力です

フエニックス・コンタクトのソリューションを使用すると、制御室から橋の動きを確実に制御できます。

戻る 道路交通

カテゴリ

  • 橋の一貫性のある冗長コンセプト

    可動橋は多くの場合、水路を横断して交通輸送するために使用されます。道路網の一部として、彼らは途切れなく機能しなければなりません。

可動橋は、主に河川や運河を通じた道路や鉄道の往来に使用されます。道路利用者にとって潜在的な危険性があるため、監視、運用、機能安全に関する特別な要件が適用されます。支持構造体の動きは、センサおよびアクチュエータを用いて制御室から制御されなければなりません。

フエニックス・コンタクトのソリューションは、保護機能を含む橋の安全で信頼性の高い操作を提供します。

特長

  • 制御システム内のすべてのステーションの診断とモニタリングによるメンテナンスとエネルギーコストの大幅な最小化
  • 分析およびアーカイブ用のモバイル通信経由で制御センターのすべてのデータを送信
  • 通信障害の場合のカレンダーエントリーに基づく照明の自動制御

安全な橋の動き

可動橋  

機械指令に準拠の橋の動き

橋の動作が過度に速くなると、橋の機械システムが損傷する可能性があります。

停止時間と過速度セーフティリレーは、ブリッジの上下速度を監視します。これにより、ブリッジへの損傷を防ぎ、機械指令の要件への準拠が保証されます。

堅牢なオートメーション

Axiolineオートメーションシステム  

厳しい条件に対応するオートメーションシステム

将来に向けたのオートメーションテクノロジは、高速、堅牢、簡単です。フエニックス・コンタクトのAxiocontrolおよびAxiolineは、強力で最適設計のコントローラとI/Oシステムによるオートメーションシステムを提供します。

厳しい条件に対応する目的で設計されたシステムは、動作中の橋により発生する強い振動や衝撃にも耐えられます。

冗長制御

冗長RFCコントローラ  

冗長コントローラで最大稼働率

橋などの交通インフラ要素を昇降させるときは、フェールセーフオートメーションシステムが必要です。

これはRFC 460R高性能コントローラをベースにした冗長オートメーションコンセプトを使用するソリューションです。つまりオートメーションを常に円滑に機能させることができます。一方のコントローラが停止すればすぐに他方が継続して動作し、連続動作が確保されます。

冗長とは安全性

冗長制御およびネットワークテクノロジと互換性のあるフィールドレベルを備えた、構造化され強力なオートメーションシステムは、可動橋の最大の可用性を確保します。

フエニックス・コンタクトの産業用スイッチと制御テクノロジにより、将来の計画で使用されるシステムコントローラの厳しい要件を簡単に実装できます。適切な製品と同様に、当社の安全スペシャリストは、お客様のシステムを最適な効果で計画するためのサポートを提供します。

トポロジ:可動橋の冗長制御  

可動橋の最大限の可用性のための冗長コンセプト

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階