気象データ収集ソリューション

概要

気象データの収集  

気象データの収集

  • 大型太陽光発電システムのオペレータにとってシステムの効率は最優先です。性能比からこのときの電位分布がわかります。
  • フエニックス・コンタクトのウェザーステーションでプランナとシステムオペレータは実績があり性能比を安全に決定するソリューションを手に入れることができます。
  • オペレータはこのソリューションでシステム発電量とシステム可用性を最適化できます。

アプリケーション

PVシステムのウェザーステーション  

標準センサから気象情報を収集

太陽光発電システムの運転データの収集は極めて複雑です。個別モジュールストリングやインバータの性能データを収集するだけでは十分ではありません。効率を決定する電位分布が性能比つまり実際の発電量と最大可能発電量の比率です。この値を計算するためにウェザーステーションで日射量、風速、温度などの気象データを収集します。プランナとオペレータはこの情報から損失やシステム障害を検出できます。

追尾型PVシステムのセーフティでは風速の収集も重要です。気象センサで風速情報を収集します。データはウェザーステーションで処理して制御システムに送信します。強風時にはトラッキングユニットを安全な場所に移します。こうしてパネルにかかる負荷を減らし損傷を防ぎます。

ソリューション

ウェザーステーションには標準インターフェースがあり標準センサを11点まで接続できます。内蔵のコントローラで気象データをとらえ、Modbus/TCPまたはOPC UAを使ってEthernetインターエース経由で測定値を上位SCADAシステムで利用できるようにします。データは標準化されたデータ形式で収集し、SCADAシステムに簡単に接続できるようにします。

気象データ収集ソリューションは大型太陽光発電システムのニーズに応じたオーダーメイドです。個別センサはウェブインターフェースから簡単に設定できます。ユーザーにプログラミングの知識がなくてもかまいません。システムネットワークでユーザーはいつでもウェブにアクセスして現在の気象データを呼び出すことができます。

センサ、ウェザーステーション、データストレージ、ウェブインターフェースの相互作用

ウェザーステーションでデータをローカルに収集しユーザーはウェブインターエースから利用できる

特長

  • プリアッセンブリで試験済みのソリューション
  • 汎用で使用可能
  • 最高の接続テクノロジと適切な部品の使用
  • スタートアップとコンフィグレーションの手間がわずか
  • プログラミングの知識は不要
  • 標準化されたインターフェースでセンサを柔軟に選択

製品

説明型式製品番号
11種類の気象信号を収集するウェザーステーションSOL-SC-WEATHER-STN2402797
SDカードでウェザーステーションを制御するためのユーザープログラムSD FLASH 2GB SOL-WEATHER-STN2402852
説明型式製品番号
11種類の気象信号を収集するウェザーステーションSOL-SC-WEATHER-STN
SDカードでウェザーステーションを制御するためのユーザープログラムSD FLASH 2GB SOL-WEATHER-STN

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: