パーク管理:SCADAおよびポータル接続

パーク管理:SCADAおよびポータル接続

拡張可能な太陽光発電パーク管理

システムソリューションを使用すると、太陽光発電パークからのデータを取得して評価することができます。

戻る 地上設置型システム

カテゴリ

  • 操作管理ソリューション

    大量のデータは大規模太陽光発電プラントを効率的に管理し技術的に稼働させるための強力な基盤となります。

SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)はコンピュータを使ったテクニカルプロセスのモニタリングと制御を表す頭文字です。表示用インターフェースは人間と機械が対話するためのインターフェースです。SCADA機能を用いた表示の特長は拡張性と多様性です。大規模な太陽光発電システムでは、複雑なプロセスの監視と操作に使用されます。

特長

  • ポータル接続により大型太陽光発電システムの技術管理が可能
  • SCADAにより、データ形式や通信用の確立された規格がサポートされています。
  • ポータルおよびSCADAの並列記憶装置により、最適なデータ可用性が実現
  • すべてのパーク機器が自動設定なので起動が簡単
  • モデルベースのシステム開発で、あらかじめ構造的に実装しシミュレーション

システムの概要およびレポート

効率的なシステム動作を確保するためには、太陽光発電設備を継続的に監視する必要があります。フエニックス・コンタクトは、産業用ファイアウォール、モバイルルーター、モデムなどのコンポーネントを提供し、ローカルデータ収集システム、監視ポータル、および運用管理システムとの安全な接続を保証します。

クラウドのデータ解析

当社のクラウドソリューションにより、既存のPROFINETネットワークにクラウドサービスを追加できます。これにより、遠隔で太陽光発電システムに簡単にアクセスできます。モニタリング、レポート、計算、または予防メンテナンスなどのサービスもご利用いただけます。

継続的なポータル接続

監視とレポートのデータ格差を避けるために、太陽光発電システムとポータル間のインターネット接続が遮断された場合にデータが自動的にローカルに保存されます。必要に応じて、オープンシステムインターフェースにより既存のポータルに接続することができます。

太陽光発電システムのセキュリティにより、発電量が最大に

フエニックス・コンタクトは、データ通信から送電管理、表示に至るまで、太陽光発電システムの安全かつ信頼性の高い操作のための幅広い製品ラインアップを提供しています。

太陽光発電システムのセキュリティにより、発電量が最大に  

ウェブ表示により、一目でわかる生産性データ

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階