デジタルツイン

デジタルツイン

「計画」と「施工完了」との比較

データ品質の向上によるメンテナンスの最適化

大規模なプラントでは、建設作業、拡張、修理が常に行われ、そのため即興での作業も絶えず実施されています。その結果、配管や機器の図表が古くなっていることがよくあります。その結果、メンテナンス、計画、購入のプロセスがすべて影響を受けますが、安全面にも影響が及ぶことがあります。これはソフトウェアとフィールドデバイスとをオンラインで比較することによって解決できます。最新のCATツールにより、データを比較してエラーを特定できます。

非常に古いプラントでも、遡及的にHARTデータをタップして必要なフィールドデータをOPC UA形式などで影響なく提供できます。プロセス産業では、OPC UA情報モデルとして、関連する規格PA-DIMが使用されます。

特長

  • さらなる処理を目的とする、標準のOPC UA形式(PA-DIM)で利用可能な、NOA準拠で影響のないデバイスパラメータ読取り
  • センサとアクチュエータが、FDT 1.2~2.0およびFDIなどの、既存の規格および新規規格に従って統合されるため、既存のプラントを完全にマッピング可能
  • すべてのセンサとアクチュエータの記述が設定の必要なくコントローラ上で利用可能なため、設定作業を削減

プラントのデジタルマッピング

設置されたフィールドデバイスをタブレットで比較する人  

ソフトウェアとフィールドデバイスとをオンラインで比較することによってインテリジェントなメンテナンスを実現

プラントのアクチュエータ、センサ、その他のコンポーネントに関するすべての情報に、単一のシステムからアクセス可能です。関連するデータが利用可能であれば、例えばメンテナンスをはるかにスマートに実施できます。

さらにこのソリューションでは、フィールドに設置されたセンサをより簡単かつ正確に比較できます。実際の測定タスクを実行するために、どのセンサと具体的にどの測定範囲が最も適しているかを、簡単に判断するのに使用できます。データはその後、意思決定プロセスを支援します。

HARTからPA-DIMへ―使用されなくなったプラント

利用可能なすべての記述ファイルは、クラウドにまとめられます。ほぼすべてのHART準拠センサとアクチュエータのデータが、設定作業なしで利用可能です。このデータは、PA-DIM準拠のOPC UAとしてユーザーが利用できます。既存のセンサおよびアクチュエータの設置ベースでの読取りには、HART IPゲートウェイが使用されます。

使用されなくなったプラントでのソリューションを示すトポロジ

使用されなくなったプラントでのソリューション例

HARTからPA-DIMへ―未建設プラント

利用可能なすべての記述ファイルは、クラウドにまとめられます。ほぼすべてのHART準拠センサとアクチュエータのデータが、設定作業なしで利用可能です。このデータは、PA-DIM準拠のOPC UAとしてユーザーが利用できます。HARTデータはリモートIO機器から直接読み取られます。

未建設プラントでのソリューションを示すトポロジ

未建設プラントでのソリューション例

当社のソリューションを加工プラントで使用することに関心がありますか。

お客様のプロジェクト特有の要件についてのご相談を承っております。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階