デジタルツイン

デジタルツイン

「計画」と「施工完了」との比較

データ品質の向上によるメンテナンスの最適化

大規模なプロセス産業用プラントでは、プラントのドキュメントを最新に保つために、莫大な量のリソースがつぎ込まれています。メンテナンス担当の従業員または外部企業が定期的に、生産プラントを検査し、いわゆるレッドエントリを通して特定された変更を文書化します。これらのレッドエントリを紙のリストからP&Iフローダイアグラムに転記する際に、転記エラーのリスクがあることが多いです。その結果、機器の中止や製品変更の際に、メーカー情報を評価することができません。生産プラントではフィールドデバイスのインベントリが常に変化し、部分的に情報が欠如することがあるため、インベントリを計画できず、必要な機器の交換が大幅に複雑になります。

プロセスプラントの80%は、デジタルのHART対応フィールドデバイスを備えています。しかしデジタル信号を使用するのはこのうちの5%にすぎません。フエニックス・コンタクトは、遡及的にHARTデータをタップし、これに必要なフィールドデータをOPC UA形式などで、プラントでの作業なく提供できます。この追加のスマートフィールドデバイスデータを使用して、デジタルシステムの透明性、いわゆるデジタルツインを確保しています。この透明性により、メンテナンス、維持、および可用性が大幅に向上します。 

特長

  • プラントからの最新の実際のデータを、いつでも自動の「施工完了」文書とともに利用できます。
  • フィールドデバイスが常に接続されているため、設置されたHARTフィールドデバイスを手動で記録するための移動は不要になります。
  • 最適化されたインベントリにより、メーカーリコール、変更、または中止の際の、迅速なトラブルシューティングとダウンタイムの回避を実現

HART機器のインベントリ一覧がボタンのタッチだけで―
「計画」と「施工完了」を簡単に比較

ウェブベースのインベントリにより、お客様は常に最新のフィールドデバイス情報を一目で見ることができます。変更が決定されると、より良い概要のために枠組みに入れられます。これにより、レッドエントリをシステム文書に追加しやすくなります。インベントリ一覧はエクスポートもできます。これにより、エントリをデジタルツインの世界に入力するための基礎ができます。

ウェブベースのインベントリ一覧  

ウェブベースのインベントリ一覧の例

フィールドからIoTまで

電気的なHART信号タップはフィールドとオートメーションシステムとの間で、悪影響なく修正されます。フィールドデバイスデータはエッジで正規化され標準化されます。そのため、例えば予知保全や持続可能なプロセス最適化などの付加価値サービスに利用できます。

当社のソリューションを加工プラントで使用することに関心がありますか。

お客様のプロジェクト特有のご要件についてのご相談を承っております。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

HARTによるデジタルツインの使用

「デジタルツイン」LinkedInのライブストリーム