システムの配線コンセプトにより、新しい制御システムへの変換時間が短縮されます。

概要

ポリスチレン顆粒  

Trinseo社の製品ラインアップには、ポリスチレンのような熱可塑性樹脂が含まれます。

  • プラスチック工場で30余年使用されている制御システムは、近代的なソリューションへの置換えが必要となりました。
  • 考え抜かれたシステム配線コンセプトにより、新しいABBシステムの制御盤へのフィールド信号の高速でエラーのない転送が保証されます。
  • 妥当性チェックの後、アダプタごとに1つの信号だけをランダムにチェックする必要があります。

お客様のプロファイル

テッセンデルロ(Tessenderlo)にあるTrinseoの工場  

テッセンデルロ(Tessenderlo)にあるTrinseoの工場

Trinseo Plastics社は、材料メーカーTrinseo社の子会社として、特殊ポリマーソリューションに専念しています。

製品ラインアップは、幅広い種類の熱可塑性樹脂で構成されています。これにはベルギーのTessenderlo工場で製造されるポリスチレン製の材料が含まれます。

アプリケーション

Global Process Control EngineerのWim van Drongelen  

Wim van Drongelenは全工場の改修の担当者です。

これまでTrinseo社の生産工場で使用されていた制御テクノロジは1984年に作動し始めました。スペアパーツの入手が近々できなくなることが明確になった時点で、経営陣は近代化の時期だと判断しました。

この最適化プロジェクトの一環として、すべての工場でこれまで使用されていた制御システムの置換えが行われています。Global Process Control EngineerのWim van Drongelenが、制御システム近代化の計画に携わりました。

彼は、フエニックス・コンタクトのシステム配線担当者とともに持続可能なソリューションコンセプトを作成し、実装しました。未来志向型アプローチは次の要件を満たす必要があります:

  • 既存のフィールド配線の保持
  • 個々の工場での迅速な変換
  • 必要なI/Oテスト数の削減
  • ゼロ欠陥戦略の実施
  • 変換コストの最小化

ソリューション

事前設置済み制御システムキャビネット  

VIP終端ボードと接続されたシステムケーブルを備えた制御システムキャビネット

Trinseoが使用する新しい制御システムは、ABBのS800であり、I/Oカードは単線でフィールド信号に接続されています。改修をすばやくエラーなしに実行できるように、I/O側のVARIOFACE Professional VIPシリーズのパッシブ端子台を使用しており、制御信号を1:1で高位コネクタに変換します。

モジュールは、コンパクトで堅牢な設計を特徴としています。VIPシステムケーブル用コネクタも特殊な製造プロセスで成形されているため堅牢です。したがって、取付け時に個々のワイヤを損傷する危険性はありません。

フィールド側の端子ストリップを高位コネクタに装備することも課題でした。初めて、端末アダプタを使用してこれを実行しました。それらは単線の代わりに端子ストリップに直接取り付けられました。ここでは既存の設備条件に加えてエラーの回避に特別な配慮が必要でした。したがって、一段および二段端子台用および左右取付け用のバージョンが作成されました。カラーコーディングにより、割当てが簡単でシステムテストが迅速になります。

実用的な試験のため、このコンセプトは最初にミニプラントシステムで検証され最適化されました。その後1年間の変換段階が開始されました。「私たちは2500のI/O信号を移行する必要がありました。」とWim van Drongelenは説明します。「新しいコンセプトに従ってすべての信号を取得し、構造化しなければなりませんでした。その後にソフトウェアを含むI/O制御盤は8ヶ月以内に生産されて供給されました。

制御システム用の制御盤をセットアップし、古い単線を取り外した後、端子アダプタを取り付け、以前に敷設したシステムケーブルを接続しました。構造化されたシステム設計のため、妥当性チェック後に信号の100%チェックは不要でした。ただアダプタごとに1シグナルをランダムにチェックする必要はありました。

まとめ

特定のシステム用に生成されたアダプタソリューションおよびフエニックス・コンタクトのシステム配線ポートフォリオの標準コンポーネントを使用することで、Trinseo社は明確かつ構造化された手法で制御テクノロジを実装しています。

端子アダプタ、プリアッセンブリのシステムケーブル、パッシブ端子台は、事前に設置済みの制御盤と組み合わされており、制御システムを迅速かつエラーなしで交換することができます。試験が必要なI/Oの数は15~20%に削減されました。これにより、ストレステストを含む変換ステージが2週間短縮され、コストも削減されました。さらに、生産はより早く再開することができました。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: