概要に戻る

狭いスペースにある多くの発電所:K+Sは発電所マーキングシステムを導入しています。

概要

K+S社のSigmundshallの施設にある発電所のマーキングシステム  

K+S社はSigmundshallの施設に、発電所のマーキングシステムを導入

  • K+S AG社は、ハノーバー近郊のヴンストルフ(Wunstorf)にある、施設内発電所を持つSigmundshallカリプラントを運営しています。
  • 長年にわたり、システム部品、ユニット、および機器がまったく違う方法でマーキングおよび文書化されてきました。
  • K+S社は、Gabo IDM社のシステムに関する専門知識とフエニックス・コンタクトのマーキングラベルを使用して、KKSマーキングシステムを導入しました。
  • これによりシステム全体が大幅に改善されただけではなく、プロセスの安全性も向上しました。

お客様のプロファイル

Sigmundshallカリプラント  

Sigmundshallカリプラントはドイツ国内で活動している最も古いカリの鉱山

K+S社は国際的な原材料企業で、農業経済、食品、交通安全、および産業向けに、鉱物資源の抽出と処理を行っています。

同社はヴンストルフにあるSigmundshallカリプラントを運営しています。製品範囲には、カリウム、マグネシウム、塩化カリウムを含む肥料があります。

アプリケーション

K+S社のSigmundshallの発電所チームリーダー、Christian Berghausen氏(左)と、Gabo IDM社のGeneral ManagerのHans Karl Preuss氏  

K+S社のChristian Berghausen氏(左)とGabo IDM社のHans Karl Preuss氏

採掘作業と粗製塩の処理はエネルギー集約型であるため、Sigmundshallの施設は出力116 MWのコンバインドサイクル発電所を運用しています。KKSを導入する前は、さまざまなマーキングと文書がありました。「システム建設業者を変更したため、長年にわたって複雑なハイブリッドシステムが構築されました」と発電所運用部長のChristian Berghausen氏は振り返ります。「プラントの識別表示と文書化は単独のソースからのものではありませんでした。」

標準化された発電所マーキングシステム(KKS)に基づいて、すべてのシステム部品および機器に包括的で規格に準拠したマーキングおよび文書化システムを導入する理由は多数ありました。主な目的は運転の安全性を向上し、作業時の安全性を改善することでした。「ユニットやケーブルをうっかり混同すると、負傷やシステムの損傷につながります」とBerghausen氏は説明します。さらに、メンテナンスとサービスが容易になり、発電所の運転の安全性が増すことになっていました。

ソリューション

SigmundshallのK+S発電所でのラベルの設置  

SigmundshallのK+S発電所では、4800を超えるラベルを設置

KKSを導入する前に、入札にかける必要なサービスをすべて定義しました。Gabo IDM mbH社が契約を獲得しました。この企業はエネルギー生成におけるプラント管理の技術文書化を専門としています。「当社の基幹事業は、インダストリー4.0の基盤としてのデータとドキュメントの管理です」と、Gabo IDM社のGeneral Manager、Hans Karl Preuss氏が説明します。「さらに、法に準拠して運転プロセスを整理するために必要な情報を、ほぼ自動的に作成します。」

Gabo IDM社は準備として、すべての既存のシステム文書とデータ構造を、自社開発のAVIS管理システムに移すことを調整しました。「既存の技術システム文書の実際の状況を分析することによって、どの規格や規制にすでに準拠しているかをチェックしました。」とPreuss氏は説明します。「望ましい全体の適合性を念頭に、必要な指令を開発しました。」 すべてのプロセスステップについてBerghausen氏とそのチームと協議し、1つずつ実行していきました。

徹底した準備作業のもと、すべての在庫計画がデジタル化されました。以前のマーキングはKKSに従って新しいマーキングシステムに転換されました。以前のシステムから新しいシステムへの変換が確実に行われるように、別のデータベースが設定されていました。全部で4,800を超えるフエニックス・コンタクトのシステムマーキングラベルが製造されました。これを実行するために、特殊なレーザープロセスを使用して見やすさと高い耐性を保証するTOPMARK LASERマーキングシステムが利用されました。

マーキングラベルはドイツのブロムベルクにあるフエニックス・コンタクトで製造され、必要な中間カラーを補足し、固定キャリアを使用してSigmundshallプラントに設置されました。水とガスのパイプラインについては、媒体と流れの方向が詳しく識別されました。

まとめ

QRコードを使用してシステム文書を呼び出す  

適切な文書をQRコードを使用して迅速に見つけることが可能

システム文書のデジタル化により、可用性が向上しました。KKSの導入前には、ファイル内の文書を探す必要がありました。今では、QRコードを使用してすべての文書を直ちに入手できます。

「KKSプロジェクトにより、システム全体を大いに改善でき、プロセスの安全性も大幅に向上しました。」と、Berghausen氏は振り返って述べました。もう1つのプラス効果は、2D図表を含むシームレスな分類システムを導入して以来、新規従業員の訓練が簡単になったことです。「当社の期待は技術的な面からだけではなく、タイミングの点でも完全に満たされました」とBerghausen氏は要約します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階