概要に戻る

厳重な管理下での試験:EnergieNetz Mitte社のFAMEによる簡単な保護試験

概要

グリッドモニタリング  

EnergieNetz Mitte社のMarkus Hose氏がFAMEプラグを作動させています。

  • EAMグループの子会社であるEnergieNetz Mitte社は、約5万キロメートルの電気および天然ガスグリッド、さらに71の変電所を運営しています。
  • グリッドはより高い精度で監視されなければならず、監視はより簡単で安全である必要があります。
  • 電力会社のEnergieNetz Mitte社は、フエニックス・コンタクトのFAMEプラグイン試験用システムを使用して、高い安全性と操作利便性で高い柔軟性を実現します。
  • 従来のソリューションよりも大きな特長:試験中でも保護機能は有効なままです。

お客様のプロファイル

変電所  

EnergieNetz Mitte社の変電所 © EAM Energie GmbH

EAMグループは、80年以上にわたり、中部ドイツの約140万人の人々に安全で信頼性の高いエネルギーを供給してきました。子会社であるEnergieNetz Mitte社は、全部で約5万キロメートルの電気および天然ガスグリッド、さらに71の変電所を運営しています。

アプリケーション

試験手順  

FAMEを使用すると、完全な試験手順を1つの接続ステップに統合することができます。

高速障害検出は、電力網の安全で信頼性の高い動作を行うための前提条件です。このため、電流および電圧などの特定の可変量が常に監視されています。監視にはデジタルグリッド保護リレーが使用されており、これらのリレーは、エラーのあるケーブルや変圧器を遮断したり切替えを行ったりする機能があります。グリッド保護リレーが電源ケーブルでエラーを識別すると、このケーブルのサーキットブレーカはトリップ信号を受信し、ケーブルは遮断されます。

グリッド保護リレーの適切な機能は、保護試験用プログラムの一部として定期的に試験が行われます。EAMはこのためにプラグインコンタクトのバージョンを使用しています。接続の確立後、測定変換器はまず回転式スイッチを介して短絡され、「サーキットブレーカOFF」の信号が中断されます。実際の機能試験は、このステップが完了した後にのみ開始することができます。中電圧側には通常は保護機器が1台しか装備されていないため、試験中はすべての保護機能が無効になります。

ソリューション

フエニックス・コンタクトは、保護試験をより簡単で安全に行うために、FAMEプラグイン試験システムを開発してきました。このシステムは、1つの接続ステップで多数の必要なコンタクトを試験用機器に接続します。もはやスイッチの作動は必要ありません – すべてのスイッチング動作は、試験用プラグを差し込んで強制的に作動させます。測定変換器の接続、断路、および短絡はプラグによって定義されているため、常に正確です。

スイッチを作動させるのとは対照的に、常に100%のオーバーラップ接点が保証されています。事前組立式試験用プラグを使用することで、安全性をさらに高めることができます。試験用機器向けのシステムコネクタが付いている永久的に接続された試験用ケーブルにより、測定用ケーブルの個別の接続が不要になります。これにより、エラーの可能性がさらに排除され、保護試験プロセスがさらに迅速になります。

「FAMEに切り替える主な理由は、システムの複雑化が急速に高まっていることです。このため、必然的にもっと複雑な保護試験が必要になります」と、EnergieNetz Mitte社の変電所での保護試験を担当するMarkus Hose氏は説明します。以前に選択された試験用スイッチは最新のものではありません。それぞれ3つの電流と3つの電圧だけの接点と1つのOFF信号だけでは、技術的要件を満たさなくなりました。「これとは対照的に、システム全体またはすべての保護システムは1つのFAMEプラグで試験することができ、設定は1回きりで済みます。」とHose氏は述べています。したがって彼はすべての新しいシステムにFAMEも装備する予定です。

FAMEを使用すると、接続を遮断できないシステムでも、安全で簡単に試験を実行できます。試験用プラグを使用すると、予備保護機器を試験中にループインすることができます。これにより、保護試験中でも主電源の保護が維持されます。

まとめ

FAMEプラグ  

特許取得済みの回転式ハンドル機構により、正確な信号状態が保証されます。

継続的な主電源の安全のためのこの特殊機能は、保護機器が故障した場合にも使用され、従業員はFAMEプラグを介して暫定的な保護機器ですばやく簡単にループします。保護機器が故障するか、またはエラーが発生した場合、業務時間外であっても、保守技術員(訓練された保護技術者である必要はない)がFAMEプラグを介して保護機器を交換することができます。したがって、エラーは迅速に排除され、グリッド障害は最小限に抑えられます。翌日に、保護技術者はグリッドに影響を与えずに欠陥のある機器を交換することができます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: