FPSOとプラットフォーム補給船

FPSOとプラットフォーム補給船

信頼性のあるテクノロジを搭載

フエニックス・コンタクトと協力してデッキの上と下でオートメーションソリューションを実現できます。

効率的なオートメーションはFPSOによるコスト集約的な石油生産で強力な競争力を発揮します。船舶が大型化する一方で、傾向搭載システムでリモートメンテナンスを行い、技術担当者の数を減らす傾向にあります。SAE J1939、NMEA 2000、NMEA 0183、GL、ABSなどの海事認定やプロトコルも重要です。

ハードウェアは過酷な条件に耐え100%減光可能なディスプレイなどの特殊機能を搭載する必要があります。フエニックス・コンタクトはデッキの上と下で信頼性のあるオートメーションソリューションを実現する経験豊富なパートナーです。

特長

  • 冗長制御ソリューションで高性能でフェールセーフなヒーブ補償
  • ガス検出器をシームレス統合し、船上セーフティを向上
  • 造船のIPC、HMI、表示ソリューションで操作とモニタリングのあらゆる側面に柔軟なソリューション

ヒーブ補償のソリューション

ヒーブ補償のピストン  

ヒーブ補償のオートメーションソリューション

実用的なシステム冗長をベースにしたオートメーションソリューションでヒーブ補償により常に正しく船位を保持できます。これはたとえば海が荒れており動的な位置制御では十分対応できない場合に必要です。

ネットワークではmGuardセキュリティルータとVPNテクノロジでセキュリティを確保した通信を行います。

ガス検知

Axioline制御テクノロジを用いた制御盤  

冗長システム設計で信頼性のあるアラーム送信

特に石油・ガス産業ではさまざまな気体が人体や機器を危険にさらします。フエニックス・コンタクトのソリューションを使用すればガス検出器を通信システムに連続的に組み込むことができます。

冗長設計で非常時にすぐにアラームを送信して対策を取ることができます。このソリューションは必要に応じてSILでも実行できます。

冗長電源

冗長電源を接続した制御盤  

冗長補助電源

システム部品や個別部品へのエネルギー供給が短時間で中断しただけで、プロセスが長時間停止したり起動に時間がかかって生産の不具合が長引きコストがかかることがあります。

フエニックス・コンタクトは主電源から負荷に冗長補助電源で常に給電しています。

冗長アラームとモニタリング

船舶にはエンジン、発電、ラダーシステム、火災検知などのシステムがあり、いずれも必須サービスの一部です。故障時には乗員や船舶が危険にさらされます。

危機的な状況をすぐに通知できるよう、堅牢な制御とネットワークテクノロジをベースにした冗長アラームとモニタリングが搭載されています。必須サービスのほかにバラスト水や燃料タンクの液面レベル、飲料水の残量などの一般情報もシステムから通知されます。

トポロジ:冗長アラームとモニタリング  

船舶の冗長コンセプト

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階