モジュール型組立てラインで中断することなく生産

概要

フエニックス・コンタクトの産業機械  

フエニックス・コンタクトの産業機械

高度に自動化された組立てラインでは高品質の部品が製造されており、革新的なアイディア、広範なスキル、長年の経験を持つ産業機械メーカーにとって欠かすことができません。

フエニックス・コンタクトの産業機械部門が独自のシステムを社内で開発し生産する理由はここにあります。中でもサイクルタイムが長く高周期の組立てシステムが設計され実施されています。

この部門には180名の従業員がおり、フエニックス・コンタクトの世界中のすべての事業ユニットと開発・製造の現場をサポートしています。

アプリケーション

モジュール型組立てライン  

生産の柔軟性が向上するモジュール型組立てライン

工作機械のイノベーションの例としてInlineコネクタのモジュール型組立てラインがあります。ここでは1個流し生産で200を超えるバージョンを生産しており、顧客の要件に応じて少量でも短期間に生産できます。

プロセス手順は複数のステーションにまたがっています。ここでは個別部品を組み立ててコネクタを完成させます。カメラと試験装置で組立てと製品の特性の正確さを確認します。

この規模の組立てラインは投資をすばやく回収するために連続的に動かす必要があります。ダウンタイムを防ぐためにどの部品にも極めて高度な信頼性が必要です。このときDC 24 Vが供給されなければコントローラが故障して機械が停止するため、電源が重要となります。

ソリューション

QUINT POWER電源  

サーキットブレーカをすばやくトリップさせるQUINT POWER電源

ダウンタイムを防ぐために工作機械にはQUINT POWER電源だけではなく無停電ソリューションも必要です。

分散制御ボックス
電源ユニットは小型の分散制御ボックスで使用し機器に直接取り付けます。

SFB(Slective Fuse Breaking)テクノロジが搭載され、スイッチング電源ユニットの標準サーキットブレーカが確実にすばやくトリップします。つまり障害が発生した電流回路を選択的に切断して切り離し、重要な機械の各部は引き続き運転されます。

障害が発生する前にモニタリング機能でクリティカルな動作状態が警告されます。またスタティックパワーブーストは起動大電流で負荷を確実に起動できるようパワーを確保しています。

無停電電源装置  

無停電電源装置は電源障害時でも電源を供給します。

中央制御盤
中央制御盤に電源を供給するために産業機械部門はUPSユニットQUINT DC-UPSを選択しました。

データ損失は生産中断のコストは極めて高いため無停電ソリューションは道理にかなっています。停電時、重要なプロセスデータを保存し所定の方法で産業用PCをシャットダウンする時間を確保するために電源ユニットからコントローラと産業用PCにDC 24 Vが供給されます。

まとめ

モジュール型組立てラインのQUINT POWER電源  

制御盤内のQUINT POWER電源

影響を受けやすいコンポーネントに確実に電源を供給する場合、高い品質と機能を持つ電源QUINT POWERが最高のソリューションであると認められています。

高稼働率のアプリケーションを保証するためにInlineコネクタ組立てラインには必要不可欠です。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: