発電所におけるマーキング向けソリューション

アプリケーション

発電所  

発電所

発電所のマーキングシステム(KKS)とは、発電所の統一され体系的なマーキングのためのマーキングシステムです。Reference Designation System for Power Plants(RDS-PP)は、実績のある発電所マーキングシステムに代わる現代的なシステムです。発電所のコンポーネントへのマーキングに関する現代的な要件に対応するため、数々の革新や追加機能を提供します。

KKSと対照的に、RDS-PPは分散システムなどの発電の新しい形態にも重点を置いてさらに開発され、計画、承認、接地、運転、およびメンテナンスに関するすべてのスペシャリストが使用します。KKSおよびRDS-PPに準拠のマーキングは、15~17文字の英数字表記で構成されます。文字は通常、システムやユニットを分類するために使用されます。数字はカウントに使用されます。

識別タイプ

識別タイプ

コストに対するプレッシャーの高まりに対応するため、ユニットや機器に対するオンサイトの試験およびメンテナンス作業では、合理的で効率的なメンテナンスプロセスが必須です。ここでは、ハードコピーの作業指示書と試験報告書を作成するという伝統的な方法は、真っ先に産業アプリケーションに適した現代的な識別システムと通信システムにコスト効率よく置き換えられます。さらに、中央の文書とメンテナンスシステムを使用して情報を交換でき、紙の必要性を排除できます。なによりここでは、バーコードやQRコード、RFIDといった識別方法の役割が、ますます重要になります。そのため、モバイルおよび電子的なメンテナンスプロセスを最適な方法でペーパーレスで設計できます。

バーコードによる識別

フエニックス・コンタクトの設立年を示すバーコード

バーコード

バーコードはすでに、発電所での識別において予測的でモバイルのメンテナンスのために頻繁に使用されています。しかし、環境の厳しい要求のため、バーコードは特に発電所のラベルに対しては理想的なソリューションとは言えません。ほこりや劣化によりエラー率が高くなったり識別しにくくなったりします。

マトリックスコードによる識別

QRコード

QRコード

当社はQRコードなどの各種マトリックスコードをサポートします。マトリックスコードは、モバイル機器を使用して関連する情報を高い信頼性で文書化するために使用できます。

RFIDによる識別

RFID

RFID UHF

RFIDテクノロジでは、アクティブトランスポンダとパッシブトランスポンダ(伝送と応答)が区別されます。RFIDトランスポンダの基本的設計は、アンテナ、マイクロコントローラ、読み書きのできる永久メモリで構成されます。最適なメンテナンスを保証するために、発電所では独立した電源を持たないパッシブトランスポンダが使用される傾向があります。パッシブトランスポンダの場合、短波(HF)と極超短波(UHF)トランスポンダが区別されます。HFトランスポンダは、ハンドヘルド機器などを使用して、13.56 MHzの周波数で励起されます。最大到達距離は1 mです。UHFトランスポンダは周波数が868 MHz(中央ヨーロッパ)で、最高4 mまでの長い距離に適しています。発電所アプリケーションでは両方のトランスポンダが使用されます。

  • 電気機器では明確な識別が主な目的であるため、長い距離とそれに関連するバルク検出はここでは不可能です。バルク検出の場合、ハンドヘルド機器の範囲内にあるすべてのRFIDトランスポンダが検出されます。
  • 機械構造と大型ユニットの場合は、一部のエリアにはアクセスできないため、UHFトランスポンダの方が実際的です。ここでは複数のRFIDトランスポンダのバルク検出も可能です。

パイプラインマーキング

色付きのアドオンモジュールとマーキングラベルのラベルキャリア  

色付きのアドオンモジュールとマーキングラベルのラベルキャリア

DIN 2403ガイドライン要件に従って、パイプラインは運搬する媒体に従って、色分けして識別しなければなりません。パイプラインテープでは危険な場所で埋められているパイプを識別できないため、それに加えて、1つのユニットに関連するパイプはKKSマーキングシステムにしたがってマーキングされます。色はモジュール型識別システムによって個別に割当てることができます。サイズが90 x 38 mmのラベルを保持できるキャリアが使用されます。ラベルは2つの媒体色でキャリアに保持され、キャリアは2つのポップリベットで外側に固定されます。これにより、暗号化が変更された場合に、キャリアを取り外さずに迅速にラベルを交換できます。

ソリューション

フエニックス・コンタクトは、発電所におけるすべてのマーキングタスクを1台のプリンタで柔軟に実装できるマーキングシステムを提供します。

BLUEMARK IDプリンタ

マーキングシステムとマーキング部材  

マーキングシステムとマーキング部材

BLUEMARK ID高速プリンタは、このマーキングシステムの中心的存在です。特殊なUV LED印字プロセスを使用して作成されたマーキングは、発電所環境に関連するすべての要件を満たします。

高い熱負荷、化学的負荷、機械的負荷に耐性があります。幅広いマーキング部材とシステムアクセサリで、発電所での識別に関連するあらゆるマーキングタスクに、事実上対応できます。

特長

  • 印字から電子識別まで、すべてに対応するソリューション
  • 1台の印字システムで3種類の識別方法(バーコード、QRコード、RFID)
  • 効率的でペーパーレスな文書とメンテナンス管理
  • 国際規格に準拠:ISO、IEC、VGB (B105)
  • 環境にやさしいUV印字テクノロジで、拭き取りや傷の影響を受けないマーキングを保証
  • 発電所での事実上すべてのアプリケーション向けに、追加の材料(導線、ケーブル、および機器マーキング、パイプラインとユニットの識別、媒体ラベルおよび警告ラベル)

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階