発電におけるワイヤレスアプリケーション

アプリケーション

冷却塔  

冷却塔

発電においては、発電所外のインフラシステムと中央制御システムとの間の通信接続に、依然として課題があります。ここにいくつかの例を示します。

化石燃料発電所の温度およびレベル測定

発電所  

発電所

発電所のオペレータは当局により、冷却水の取水量と排水量およびその温度を記録することが義務付けられています。そのため測定ポイントは記録され、オートメーションシステム経由で中央にアーカイブされます。

問題となるのは中央の建築物までの距離が遠いことだけではなく、自律的に行われることの多いローカル測定の電源と伝送テクノロジも問題となります。したがってここでは、複数の建築物/プラントとオートメーションシステムとの双方向通信が非常に重要です。

化石燃料発電所の石炭コンベアシステム

石炭コンベアシステム  

石炭コンベアシステム

石炭は船で納入されるため、石炭コンベアシステムは通常、発電所の敷地からは遠くはなれた場所にあります。石炭は一時的に荷下ろし場所の隣に山積みして保管され、必要に応じてドラグラインによって対応するコンベアシステムに輸送されます。ここでドラグラインは石炭の山に沿ってレール上を移動します。このタイプの移動の結果、電源とデータ通信に使用されるケーブルは、柔軟で巻くことができるケーブル線を利用する必要があります。

しかし、このような特殊ケーブルは非常にコスト集約的で、環境の影響により定期的なメンテナンスまたは交換が必要です。次にコンベアシステムは石炭を発電所のボイラー室まで、さらに長い距離を運搬します。この駆動テクノロジもオートメーションシステムに接続されています。

河川の脇にある発電所

河川の脇にある発電所  

河川の脇にある発電所

河川の脇にある発電所で特に問題となるのは、河川の自然の流れと、その結果ローカルに分散したレベル測定と洪水排水ポンプのアクチュエータ(これも制御室に通知する必要があります)との間のケーブル経路が長くなることです。

ソリューション

Radiolineワイヤレスシステム  

Radiolineワイヤレスシステム

フエニックス・コンタクトはここで、Radiolineワイヤレスシステムを提供します。このシステムはモジュール型の拡張をサポートし、広範囲に分散するシステム構造に関係するアプリケーションですでに優れた実績があります。このシステムを使用すると、温度やレベルなどのI/Oデータとエラーメッセージを非常に簡単に取得でき、制御センターに無線で送信することができます。

入力と出力は、モジュールのサムホイールを回すだけで割り当てることができます。こうしてI/O信号を非常に簡単にネットワークに分散でき、自由に複製できます。プログラミングは必要ありません。

柔軟な通信経路

通信経路  

通信経路

非常に長い距離やアクセス不能な地形を対象とすることが多いため、他の方法でこのデータを取得するには、大量のケーブルを配線するしかありません。Radiolineにはリピータ機能が組込まれているため、通信経路をさまざまな構造で柔軟に作成できます(ポイントツーポイント、バス、スター、またはツリー構造)。  

Radiolineワイヤレスシステムはケーブルの代わりとしてふさわしいのみならず、ネットワークを作成することで通信経路の可用性が向上します。

最高250台のリピータスレーブをネットワークに組込むことができます。利用できない無線経路がある場合、リピータスレーブが自動的に、別のネットワーク機器を介してマスタへの到達を試みます。測定値の大部分は、非常にゆっくりとしか変化しません。そのためここでは、通信経路の伝送速度は低くて済みます。しかしこのような低い伝送速度は、ライセンス不要の無線経路で非常に長い距離をカバーできることを意味します。

独立した太陽光発電電源システム

Radiolineワイヤレスシステム  

独立した電源用の組立て済みのシステム

測定または切替位置の特定の場所が原因で電源が故障した場合、当社は必要な出力に合わせて特に設計した、自律的な太陽光発電電源システムも提供できます。つまり、分散測定および切替位置を実装する際、実質的に限界がないということです。

Radiolineワイヤレスシステムでは次のことが可能です。

  • 障害を非常に簡単に克服
  • モバイル機器での、摩耗するスリップリングやケーブルハーネスの代替
  • ケーブルアクセスのないリモートステーションを非常に簡単にオートメーションシステムに接続

フエニックス・コンタクトは、必要なすべてのコンポーネントを提供するだけではありません。ご要望に応じて、組立て済みですぐに使用でき、お客様の要件に合わせて装備したステーションも提供できます。

非常にセキュアなワイヤレス技術

TRUSTED WIRELESS

当社独自ワイヤレステクノロジ、TRUSTED WIRELESSは、ライセンス不要の2.4 GHz ISM帯用に設計されています。バージョン2.0は、データとシグナルを確実に高い信頼性で長距離伝送し、特に次のような特長があります。

  • 暗号化、周波数ホッピング方式、共存管理により、信頼性が高い
  • データ速度が調整可能(16~500 kbps)で送信可能範囲は数キロ
  • 最高250ノードでネットワーク最適化機能を備えたメッシュネットワーク

そのため、Radiolineワイヤレスシステムは追加の保護メカニズムなしで運用できます。
エネルギーサプライヤの産業環境で典型的なノイズスペクトラムからの影響はありません。

主な特長:

  • 長距離用のワイヤレスソリューション
  • モジュールのサムホイールでソフトウェアで簡単なコンフィグレーション、ソフトウェアは不要
  • 摩耗がなくライセンス不要の、継続的なコストのかからないデータ通信
  • 高価なケーブル敷設は不要
  • ネットワーク内の意代替通信経路による高可用性
  • ワイヤレスパス経由の電気的絶縁

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階