概要に戻る

システムとオペレータの安全性:Rheinenergie社がケルン(Cologne)に新しい変電所を建設します。

概要

ヴォルリンゲン(Worringen)変電所内の中電圧スイッチギア  

ヴォルリンゲン(Worringen)変電所内の中電圧スイッチギア

  • Rheinenergie AGは、ケルン(Cologne)市と周辺地域で送電網を運用しています。
  • エネルギー供給業者は、110 kVグリッドと2次中電圧グリッドを運用し、この領域に供給しています。
  • グリッドの継続的な拡張と近代化の一環として、主要な配電所が改修されました。
  • FAMEプラグインテストシステムにより、保護技術の日常的な点検時システムとオペレータの安全性が大幅に向上されています。

お客様のプロファイル

ケルン(Cologne)に本社のあるRheinenergie AGは、電力、ガス、水、熱の地域のエネルギー供給会社として、約250万人の人々や、産業、貿易、商業にエネルギーと飲料水を供給しています。

すべての架線とケーブルを含むパワーグリッドは、全電圧レベルにわたり全長約19,000 kmあります。

アプリケーション

1963年からヴォルリンゲン(Worringen)変電所内で使用されたスイッチギア  

1963年から使用された旧型スイッチギア

供給の安全を維持するために設計された新しい変電所は、北ケルン(north Cologn)のホルヴァイラー(Chorweiler)地区に建設されました。この時点まで、1963年に建設されたスイッチギアは、ロッゲンドルフ(Roggendorf)地区およびThemenhofen地区に電力を供給していました。

以前の25 kV電源接続とそれに付随する変圧器は数年前にすでに廃止されていたため、スイッチギアは10 kV電圧レベルの配電にしか使用することができませんでした。

ケルン(Cologne)にあるRheinenergie AGのKarsten Martin  

ケルン(Cologne)にあるRheinenergie AGのKarsten Martin

「古いシステムの維持管理はもはや経済的ではありませんでした。」と、Rheinenergie AGの保護技術者であるKarsten Martinは述べています。「新しい変電所には更に小さな建屋も建設しました。」 また、運営の信頼性と供給の安全性を高めることも目的でした。

ソリューション

Rheinenergie社はFAMEプラグインテストシステムを用いてグリッドを近代化しています。  

Rheinenergie社はFAMEプラグインテストシステムを用いてグリッドを近代化しています。

フューリンゲン(Fühlingen)変電所はヴォルリンゲン(Worringen)に新しい中電圧スイッチギアを3つの系統から供給しています。このシステムは、22個のスイッチパネルを使用して2つのリング経由により28のローカルネットワークステーションに電源を供給しています。補助電源変圧器に加えて、最大630 kVAまでの出力を持つもう1台の変圧器があり、周辺の顧客にステーションから直接電力を供給しています。新しいスイッチギアはElatec Power Distribution GmbHにより製造されました。遠隔制御技術はケルン(Cologne)のSAE IT-systems GmbH&Co. KGによって提供されました。

「低電圧制御盤は、制御部品と保護技術と共に構成され、私たちも起動作業を行います。」とMartinは説明しています。「これにより、メンテナンスおよび日常的なシステム点検がより簡単になります。」 現在更に簡単になったもう一つの理由としては、フエニックス・コンタクトのFAMEプラグインテストシステムを使用しているという点です。この取組みにより、Rheinenergie社は本質的にすべての新しいシステムで遵守しなければならない会社全体の基準を開発しました。

「切替えシーケンスは試験用プラグで構成されているため、必要に応じてプラグのブリッジのみ変更するだけです。」とMartinは付け加えています。「例えば、動作中に変圧器の電流を測定するために電流計をループさせたい場合は、短絡ジャンパを取り外すことができます。」 基本ブロック内のばねの2つの接点ゾーンを通る主要な接続は、変圧器の回路を中断することなくループインすることを保証します。トリップ回路は、信号および変圧器の回路が遮断される前に絶縁されます。これを行うために、FAME試験用プラグは3本分のピンの長さがあり、それぞれの位置に設定可能です。

OFF回路の接点上の延長ピンは、プラグ挿入時および試験中に意図しないサーキットブレーカのトリップを防ぎます。「切換えシーケンスはプラグ内ですでに決定されています」とMartinは述べています。「これにより、誤トリップによるダウンタイムを防ぐことができます。」

まとめ

FAMEはRheinenergie社にその柔軟性とモジュール性、そしてアプリケーションにおける安全性のために多くのメリットを提供します。「必要な仕様を、別々の製品番号を使用して仕様に合わせて構成されるFAMEの製品ラインアップから注文することができます。注文するごとに再設定する必要はありません。」とMartinは説明しています。

フエニックス・コンタクトの接続テクノロジは、保護リレーを接続する場合にもメリットがあります。プラグインテストシステム自体と同様に、主要な短絡回路はすでにコネクタに組み込まれています。「現在進行中の近代化とグリッド拡張活動において、私たちはフエニックス・コンタクトのFAMEプラグインテストシステムをこれからも使用します。」とMartinは述べています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: