概要に戻る

ポーランドにあるVattenfall社の最新エネルギー測定

Vattenfall:ポーランドで110万人の電力顧客

Vattenfallはヨーロッパで4番目に大きい電力会社であり、ヨーロッパ最大のエネルギー会社です。Vattenfallの目標はヨーロッパをリードする電力会社になることです。現在、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ドイツ、ポーランドで事業を展開しています。Vattenfallは電力のバリューチェーン(発電、送電、配線、販売)に積極的に参加しています。Vattenfallは電力取引でも積極的な役割を担っています。また、エネルギーの生産、供給、販売も行っています。

このグループには32,000名を超える従業員がいます。親会社のVattenfall ABはスウェーデン政府が単独で所有しています。ポーランドではエネルギーの生産と販売が同社の主要部分となっています。Vattenfallの市場占有率はおよそ27%です。わずかですが発電も行っています。電源ネットワークは配給部門が所有および管理しており、主にポーランド西南部の顧客110万人に電力を供給しています。Vattenfallはポーランドではおよそ110万人の電力顧客を擁しています。

アプリケーション

Vattenfallはポーランドのエネルギー部門で電力の11%を販売しており、26,757 kmの電源ネットワークがあります。Vattenfall Distribution Poland S.A.には9,000の発電所と変電所があります。

この一部は老朽化しており新しくする必要がありました。このため同社は短・中期的にエネルギーを測定するメーター測定回路ソリューションを必要としていました。

ソリューション

フエニックス・コンタクトのソリューションは三相電圧回路の遮断と変流器の短絡オプションを持つ電力測定でVattenfallの要件をすべて満たします。汎用端子台をDINレールに取り付け、透明のハウジングで完全に覆って電圧回路を保護します。この結果すぐに設置できるDINレール取付け可能な(FIBOX)カバー付き切替え可能端子台のセットができあがりますが、構成内容はURTK 6、URDK 6、UT 4-HESI端子台、スイッチ機能付きブリッジSB 2-8-T、カラーマーキングラベル、改良三相回路に対応するテストプラグPSBJ-URTK 6です。

高度な安全性、明確な操作、汎用性、以上が切替え可能端子台URTK 6およびURDK 6の大きな特長です。この端子台は変流回路専用に開発されており、両側にスイッチ機能付きブリッジとテストソケットを組み込むオプションがあります。

特長

ポーランドのドウゴウェンカで組み立てられたフエニックス・コンタクトのカスタム指定ソリューションでVattenfallは切替え可能端子台セットをすぐに設置できます。製品番号は1つなので設計者は簡単に発注できます。現在このしくみはポーランドの他の配電器でも使用されています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階