Power Innovation社:バッテリーストレージシステムからの手頃な充電電流

概要

Power Innovation GmbH社によるバッテリーストレージシステム  

充電プロセスは、ピーク時間にバッテリーストレージシステムを介して最適化されます。

  • Power Innovation GmbH社は、スイッチモード電源の大手メーカーです。
  • 充電バークでのエネルギー戦略および資源分配の最適化を行うために、同社は、充電ステーションからバッテリーストレージシステムへの接続に関して重点的に取り組んでいます。
  • 充電パークにおける短期的なエネルギー需要の増加は、エネルギーストレージシステムを利用することにより簡単に補うことができます。
  • このように、ハイパワー充電(HPC)は標準充電ステーションにうまく実装することができます。

お客様のプロファイル

工学修士 Bernhard Böden、Power Innovation Stromversorgungstechnik GmbH社のGeneral Manager  

工学修士 Bernhard Böden、General Manager

「再生可能エネルギーの供給により、当社のエネルギーストレージシステムは低負荷接続となります。」と、Power Innovation Stromversorgungstechnik GmbH社のGeneral Managerであり、学士エンジニアのBernhard Bödenは説明しています。このように、充電パークへのエネルギー供給は、ピーク時間にインテリジェントに実現します。

アプリケーション

エネルギーの供給・分散用制御盤  

モジュラ型デザインでインテリジェントに接続されたパワーエレクトロニクス

エレクトロモビリティが成功するためには、電気自動車はもっと急速に充電される必要があるでしょう。この目的に必要な接続負荷が利用可能な場所がないため、また、それは改良されなければならないことが多いため、非常にコストがかかります。1つの興味深い代替案として、エネルギー貯蔵庫としてのバッテリーの使用が挙げられます。

充電インフラの開発が手頃な価格になるように、必要な接続負荷の提供に関連する費用を削減する必要があります。

「このために、当社のバッテリーはエネルギーストレージユニットとして使用することができます。」と、Bödenは説明しています。「バッテリーストレージシステムは、主にAC電源用に設計されており、二次側で直流を充電ステーションに供給します。」 したがって、ストレージシステムは、充電に必要な電力を供給し、低い主要動力で最大容量まで再充電されます。

ソリューション

EV Charge Control Professional  

EV CC Professionalは充電ステーションの通信と制御のための核心的な要素です。

スイッチング機器と比較してバッテリーストレージユニットの特長は、継続的な発電コストにあります。制御装置の接続負荷が高いと、より高い基本価格を支払う必要がありますが、kWhあたりの価格は低くなります。バッテリーストレージシステムの接続負荷が低いと、基本レートは安くなりますが、kWhあたりのコストは高くなります。「それにもかかわらず、同じ投資コストによるストレージバージョンは、中電圧システム経由の直接供給からよりも高い金額で資金繰りができるため、運用するためにより経済的であることが証明されています。」と、Bödenは説明しています。

高出力の充電インフラは、さまざまな方法で組込みおよび管理できます。利用可能なエネルギーが接続負荷に従って分配されるように、各充電ポイントを制御することができます。2つの充電ポイントがCCS2(コンバインド充電システムタイプ2)電気自動車に使用される場合、他の2つの充電ポイントは急速充電CCS2-HPC(ハイパワー充電)電気自動車に使用されますが、電力の分配は不均等に行われます。

この場合、拡張可能なパワーエレクトロニクスは複数のモジュールから成るソリューションを提供します。例えば、これは出力75 kWで各15ユニットになる可能性があります。CCS2車両の2つの充電ポイントには、それぞれ1つの75 kWモジュールが割り当てられています。つまり、残りの13モジュールは急速充電用車両に使用することができます。インテリジェントマトリックスは、1つの充電ポイントに6つのモジュールを割り当てて、残りの7つのモジュールを他の充電ポイントに割り当てます。

この種のエネルギー割り当てには、Phoenix Contact E-Mobility GmbH社が開発、製造、販売しているDC充電コントローラEV CC Professionalなどのインテリジェントな通信要素が必要となります。それはそのような充電インフラの主要な要素であり、またバッテリーストレージシステムやパワーエレクトロニクスのような個々の要素と通信します。

まとめ

バッテリーを既存の太陽光発電所または風力発電機と連結することは、ランニングコストにさらなるプラスの効果をもたらします。標準充電ステーション向けのハイパワー充電はもはや空想的概念ではない、という点に注目してください。実用的な充電インフラ内で、バッテリーストレージシステム、パワーエレクトロニクス、制御テクノロジなどの他のコンポーネントと統合され、また可能であれば回生エネルギーと組み合わされる場合、HPC充電ステーションまたは駐車スペースは、エレクトロモビリティを実用的に確保するのに非常に最適です。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: