電気自動車向けの充電ソリューションは小さなスペースで優れた機能を提供します

概要

AC車両用コネクタタイプ2  

電気自動車はAC車両用コネクタを使用して、交流電流で充電できます。

  • エレクトロモビリティはますます普及しており、インフラネットワークが充実しているため、オランダが主導的役割を果たしています。
  • Allego社やVan der Sijs社などのオランダの企業は、特別なエネルギー管理機能を備えたインテリジェント充電ポイントを開発しています。
  • 充電コントローラEV Charge Control Advancedは、三相AC送電網での電気自動車の充電を監視し、中央コントローラとデータ交換します。
  • フエニックス・コンタクトのソリューションは柔軟に使用でき、関連する工業規格に準拠しているため、Allego社とVan der Sijs社は、そのソリューションを選択しました。

お客様のプロファイル

2013年に送電網運営企業であるAlliander社が設立したAllego社は、コミュニティや企業、輸送会社向けに、オーダーメイドの充電ステーションとインフラを開発しています。いつでもどこでも利用できる簡単で経済的な充電オプションを、あらゆるユーザーに提供することを目的として、Allego社はオランダのほかベルギーとドイツでも運営しています。

アプリケーション

エネルギー管理向けに特に設計された充電ポイント  

特別設計の充電ポイント:コンパクトだが機能的に完全統合

オランダの企業Van der Sijs Techniek & Automatisering BV社は、エネルギーの需要と供給を最適に調整して送電網の問題を予防し、発電した電気を電気自動車を経由して分配できるエネルギー管理システムを開発しました。

充電ステーションをさらに開発する段階では、Allego社が提供するバックオフィスとの接続が非常に重要でした。公共の充電ステーションで電気自動車を認証するOCPP(Open Charge Point Protocol)には、このタイプのバックオフィスが必要です。この標準では、充電プロセスの監視と管理を行い、関連するユーザーデータおよび課金データを契約当事者に伝送しますが、単独の充電ポイントと通信するような設計ではないためです。さらに、充電アプリケーションにはエネルギー管理システムが必要です。

Allego社は調査を開始し、電気自動車のオーナーとなり得る方々に、充電ステーションがどのようなものがよいかも含め、一連の質問をしました。ほとんどの参加者にとって、充電ポイントができるだけ小さく目立たないことが重要でした。そこでAllego社は、このフィードバックを理解してCharging Plazaシステムの開発に取り込みました。フエニックス・コンタクトは、このシステムに必要なオートメーション部品を提供しています。

ソリューション

コンパクトな充電ポイント  

充電ポイントの設計により、可能なアプリケーションのバリエーションが広がります。

充電ポイントには実際に必要なテクノロジのみ含まれます。これにはソケット・アウトレット、ロック機構、充電プロセスを承認して開始するためのRFID/NFCチップが含まれます。Allegoの小型充電ステーションは、コンパクトな充電スペース向けに特別に設計されています。柱にシングル、2または4ポイントバージョンとして取付けたり、個別充電ポイントとして壁に取付けたりできます。

充電コントローラEV Charge Control Advancedは、ここで説明するシステムで大きな役割を果たしています。IEC 61851-1に準拠するモード3の三相AC送電網での、電気自動車の充電の制御と監視に使用されます。EV Charge Control Advancedは同時に、Modbus TCP/IP経由で中央コントローラとデータ交換します。そこではILC 370 ETH 2TX Inlineコントローラが使用され、OCPP経由でバックオフィスに接続されます。

その後、ILC 370 ETH 2TXはより強力なAXC 3050 Axiocontrolコントローラに置き換えられました。最大30だった充電ポイントが、現在では最大100の充電ポイントをAXC 3050で制御できるようになりました。

Van der Sijs社はAllego社とサービスレベル契約(SLA)を締結しました。これに必要な3Gルーターにより、IPsecに基づいて安全なVPN接続を確立できます。Allego社のサービス専門家は、この接続を経由して中央コントローラや充電コントローラにログインできます。

すべての関連コンポーネントを格納する制御盤  

イーサネットインターフェース経由でアプリケーションに簡単に統合

フエニックス・コンタクトのコンポーネントおよびシステムは柔軟に使用でき、関連する工業規格を満たすため、Allego社とVan der Sijs社は、それを選択しました。

「提供される機器はすぐに運用でき、さまざまなメーカーの電気自動車のみならず上位システムとも通信できます。」と、Van der Sijs社のオートメーション専門家Henk Roest氏が説明します。「つまり、当社のエネルギー管理システムは、利用可能なエネルギーを、1台の電気自動車からほぼ無限の電気自動車まで、何にでも分配できるのです。」

まとめ

Allego社のイノベーション&製品マネージャー(Innovation & Product Manager)Patrick Langevoort氏は、共同開発の充電ソリューションに関して莫大な市場の潜在能力があると考えています。「当社が設計した充電ポイントにより、スペースの制約によりこれまで不可能だった場所で、必要な台数の電気自動車を充電できます。」

Allego社とVan der Sijs社によれば、今後の課題は開発したソリューションで、必要なスケールメリットを達成することです。Langevoort氏が付け加えます。「エレクトロモビリティ市場は生まれたばかりです。しかし、経済的に実現可能な適切な充電システムを提供する必要もあります。」

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: