エネルギーコントローラ:DINレールコネクタ付きのモジュール型ケースコンセプト

概要

フエニックス・コンタクトの電子機器用ケース  

電子機器用ケースは、電子機器向けにパッケージ化をするだけではありません。

  • モジュール型構造、フレキシブルなプリント基板接続、そしてスタイリッシュなデザイン - これらはすべて電子機器用ケースに備わっています。
  • フエニックス・コンタクトのBCケースシステムは、ニュルンベルク(Nuremberg)に本社を置くScheidl GmbHによりエネルギーコントローラの機能パッケージとして使用されています。
  • レーゲンスブルク(Regensburg)に拠点を置くOptimus Meine Energie GmbHは、この機器を使用して熱電併給プラントを制御、ネットワーク化、および監視します。
  • DINレールコネクタは、エネルギーコントローラのモジュール型ケースコンセプトにおいて重要な役割を果たしています。

お客様のプロファイル

ニュルンベルク(Nuremberg)に拠点を置く比較的新しい会社であるScheidl GmbHは、特に再生可能エネルギーとエネルギー効率に重点を置いて、加熱システムの設置における革新的な計測制御テクノロジを専門に扱っています。エネルギーコントローラは、温度を測定し、状態を検出、さらに測定値を記録することによってシステムを監視するための、スタンドアロン製品、測定データロガーとしても利用可能です。

アプリケーション

工学修士 (FH) Achim Scheidl および 工学修士 Arno Friedrich  

Achim ScheidlとArno Friedrichは、ソリューションのためにフエニックス・コンタクトのケースを使用しています。

「温度とエネルギーを記録する測定データロガーは、複雑な加熱システムの機能を可視化します」とManaging DirectorのAchim Scheidlは説明します。「これまでは細かい測定値は問題ではなく、システムは単純でエネルギーコストは重要ではありませんでした。」 新しい加熱システム、特に再生可能エネルギーの使用ではより複雑になります。Scheidlは次のように説明しています。「電気的データおよび熱的データが長期にわたって評価された場合にのみ、システムの真の理解を得ることができるようになります。」

多くの開発事業がエネルギーコントローラを入手し、現在利用可能な幅広い機能を提供できる段階にまで到達しました。「最初の世代ではケースを検討することさえせず、機能のみを重視していました。」と、Scheidlは回想します。「ケーブルで接続されていたさまざまなケースに部品がごちゃ混ぜに装備されていました。」その後、再設計の時期に、Scheidlはすべての機器用部品に適したケースシステムを探しました。

ソリューション

フエニックス・コンタクトのケースBC 107  

エネルギーコントローラの基本モジュールは、フエニックス・コンタクトのケースBC 107です。

「フエニックス・コンタクトのBC電子機器用ケースにより、私たちは、当社の設計仕様に適合できる基本モジュールと拡張モジュールのフレキシブルなシステムを見つけました。」とScheidlは述べています。ケースの幅は17.8 mm~161.6 mmで、同じケースのデザインで異なるモジュールを簡単にセットアップできます。

豊富なプリント基板用のアッセンブリ領域により、レイアウトと開発プロセスの設定が簡単になります。3つの設置方向すべてで内部プリント基板用ガイドを使用することにより、電子機器の機能が損なわれないように設置することができます。プリント基板は、DINレールと平行および直交の両方の異なる位置で固定することができます。「16極のバスコネクタが当社の機器設計の鍵です」とScheidlは説明しています。「データおよびエネルギーの直列または並列伝送は便利なソリューションを提供し、配線工数を最小限に抑えます。」

フエニックス・コンタクトのDINレールコネクタ  

DINレールコネクタで、モジュール交換が簡単

また、DINレールコネクタは、熱電併給プラントのような最終アプリケーションへの長い道のりにおいて重要な役割を果たしています。

「自立型で追加の配線を必要とせずに機器と機器を接続することにより、Energy Managerの設定が簡単になります。」とOptimus Meine Energie GmbHのManaging Director、Arno Friedrichは述べています。「トポロジを壊すことなく、現場での迅速な設置とその後のモジュール交換も、手作業で簡単に行うことができます。」

フエニックス・コンタクトのEnergy Manager  

熱電併給プラントには、インターネット経由でアクセスします。測定されたデータはEnergy Managerに保存されます。

Scheidl GmbHの顧客および協力パートナーとして、Optimus Meine Energie GmbHは、Energy Managerの中心的コンポーネントとしてEnergy Controllerを使用しています。例えば、Energy Managerはレーゲンスブルク(Regensburg)の地方エネルギー供給業者であるRewagの熱電併給プラントで使用されます。これにより、熱電併給の加熱システムは、需要に応じて調整された方法で制御されます。

すべての関連する動作データは、遠隔アクセスによって読取り可能で、障害の場合には、オペレータに自動的に迅速に通知されます。これにより、システムをチェックするために時間のかかる現場での作業が不要になり、可用性が向上します。

まとめ

Optimusは設置を扱うだけでなく、完全なパッケージとしてのエネルギー監視とオペレータ向けのサービスとして提供しています。ここではモジュール型のDINレールケースコンセプトも重要な役割を果たしています。

モジュール型コンセプトにより、あらゆるシステムにEnergy Managerを正確に設定し、運用中に簡単に変更することができるようになります」とFriedrichは説明します。「オペレータが追加のユニットを希望する際はいつでも、Scheidlから別のモジュールを追加するだけです。」 ホットプラグがサポートされています - 機器をシャットダウンする必要はなく、追加のソフトウェアをインストールする必要もありません。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: