塗装

塗装

冗長とは安全性

ネットワーク、電源、制御レベルを冗長化して塗装工程が中断しないようにします。

様々な場所で輸送、出荷、塗装は中断することなく高度に自動化された方法で行われる必要があります。塗装工程では、さまざまな素材が多様な環境条件で使用されます。素材の品質と効率的な使用に欠かせない条件はデータの透過性と柔軟な産業通信技術です。

フエニックス・コンタクトのオートメーション技術はプロセステクノロジに至るまでこの幅広いタスクをサポートします。

特長

  • 柔軟な通信ネットワークで信頼性のある工程
  • 冗長コントローラ、電源、ネットワークコンセプトで中断しない工程
  • 高品質塗装のパラメータ設定をできる限り持続

冗長ネットワーク

冗長高性能コントローラ  

冗長コントローラで最大のフォールトトレランス

フェールセーフオートメーションシステムは乾燥工程に必須です。これはRFC 460R高性能コントローラをベースにした冗長制御コンセプトを使用するソリューションです。

一方のコントローラが故障しても他方のコントローラがすぐに機能制御を受け継ぎます。つまり塗装ラインのオートメーションを円滑に機能させることができます。

冗長電源

冗長電源  

信頼性のある自動エネルギー供給

システムや個別部品へのエネルギー供給が一瞬でも中断すると熱処理障害が発生します。

システムや製品へのダメージを防ぐために冗長電源コンセプトでオートメーション部品に確実に電力を供給します。

防爆

本質安全Ex i I/Oモジュール  

防爆エリアで使用するI/O

塗装システムで使用する素材によっては爆発の危険性も生じます。

フエニックス・コンタクトは本質安全Ex i I/Oモジュールを提供しており電源端末のうしろに取付けることができます。このためゾーン2の防爆エリアで使用する標準I/O機器のラインアップが幅広く用意されています。

冗長とは安全性

塗装工程の作業エリアでエラーが発生すれば製品やシステムに莫大なダメージが生じます。ソリューションはネットワークと電源の冗長性、そしてRFC 460Rコントローラによる制御レベルです。

フエニックス・コンタクトが設計したAutoSync Technologyにより、2台のRFC 460Rコントローラはすべての冗長機能を自動的に設定して同期します。

トポロジ:塗装の冗長コンセプト

ネットワーク、電源、制御レベルの冗長性コンセプト

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階