分析/検査

エキスパートがセーフティを評価

エキスパートの一人が機器の安全機能を確認している  

現場で機器のセーフティ試験

ドイツ労働衛生安全法(German Occupational Health and Safety Act)によれば機器のオペレータは従業員の衛生と安全を確保するために適切な対策を取るように義務づけられています。

またドイツ国内で適用される労働安全衛生規則によれば最新の機能完全は反復試験には欠かせません。

この要件を満たすことをサポートするために現場で現状を確認し考えられる最適化を提案します。

機器の分析

機器の分析では御社のセーフティエキスパートと協力して機器プラントや現場の機器の現在のセーフティ状態を評価します。これは御社の既存データと技術文書をベースに行います。確実に法令を遵守する方法を2006/42/ECに沿った現在の適合状況とともに紹介します。

概要 言語 更新
機器分析の基礎 [PDF, 0.13 MB]
労働衛生安全法と労働安全衛生規則に準拠する機器オペレータを対象
英語 2015/10/12

機器の検査

機器の検査では御社のセーフティ、操作、メンテナンス担当者と協力してセーフティ機能の実施、最新の安全機器かどうか、正しく設置されているかについて、安全距離も含めて検査します。

概要 言語 更新
詳細な機器検査 [PDF, 0.18 MB]
労働衛生安全法と労働安全衛生規則に準拠する機器オペレータを対象
英語 2015/10/12

連結の分析

連結分析ではドイツやオーストリアでの機器の連結が機械指令(MD)(2006/42/EC)Article 2の4番目に定義されている機器のアッセンブリと見なせるかどうかを検査します。法令を遵守を継続するために現状を分析、評価、記録します。必要な対策が出てきた場合はそこを強調します。

概要 言語 更新
機器のオペレータのための分析 [PDF, 0.23 MB]
連結は機器のアッセンブリにつながりますか。
英語 2015/10/12

分析/検査を申し込む

個別のMD分析や検査はここから申し込んでください。より詳しい話をお聞かせください。

Safety-Hotline

+49 5281/946 2777

Dringenauer Straße 30
31812 Bad Pyrmont, Germany