セミナー

エキスパートのセーフティの知識を活用

セーフティ製品の扱い方について顧客トレーニングをするフエニックス・コンタクトのエキスパート  

セミナーでは機械指令に関するエキスパートの知識を提供

セミナーでは欧州機械指令によりメーカーが直面する課題と機器を販売する際の課題をすべて扱います。

要件に応じて、基本的な法的要件から実施の詳細まで必要な知識を提供します。

機器のセーフティと法的安定性

専門の法律家が機器メーカーとオペレータに求められるドイツの法規を次の3部門について説明します。

  • 責任
  • 購入
  • クレーム時の手順

各セクションの最後に要求の実務的な実施についてセーフティエンジニアが説明します。該当する法規の内容に詳しくなり、実施に当たっての必要な情報を得ることができます。

概要 言語 更新
機器のセーフティと法的安定性 [PDF, 0.12 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12

機械指令

このセミナーは指令に準拠した機器の製造に携わりたい、サービスや販売を行いたいすべての人たちを対象にしています。欧州経済領域での適合性評価手順と実際的でプロセス重視の実施方法がわかります。さらに指令に準拠した機器の設計、製造、市場販売に必要な事項を幅広く説明します。

概要 言語 更新
機械指令 [PDF, 0.15 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12

リスク評価

このセミナーでは機械指令2006/42/ECをベースにした実用的なリスクアセスメントの実施に必要なノウハウを身に付けることができます。方法や手順を実機サンプルに応用し、結果およびそこから派生する対策を文書化します。機器のリスクアセスメントを実行し文書化するために必要な手順に慣れ、実施する方法がわかります。

概要 言語 更新
リスク評価 [PDF, 0.13 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12

機器のセーフティに関する実用的なワークショップ

このワークショップでは機械指令およびEN 13849-1の内容に関する理論的知識を実際に応用する方法がわかります。実機サンプルを使用します。機器のセーフティに必要なあらゆる対策をセーフティ機能のサンプルを使いセーフティ工程に準拠して一貫した方法で説明します。

概要 言語 更新
機能安全の実現 [PDF, 0.14 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12

PROFIsafeシステムコース

プランニング、プログラミング、スタートアップ、サービスの担当者はこのセミナーでPROFIsafeシステムの操作方法と構造を学びます。安全シグナル発生機の設置および接続テクノロジが詳しくわかります。システム構成時に必要なセーフティカテゴリ、パフォーマンスレベル、および必須SILを1チャネルまたは2チャネルで実現する方法がわかります。PC WorxやSafetyProgソフトウェアですばやく簡単にスタートアップを実行できます。

概要 言語 更新
PROFIsafeシステム [PDF, 0.11 MB]
2日セミナー
英語 2015/10/12

機器のTÜV Rheinland認定FS Technician

フエニックス・コンタクトはこのセミナーをTÜV Rheinland Functional Safety Programのコースとして提供します。受講者は最終試験に合格するとFunctional Safety Technician(TÜV Rheinland)の認定証明書が与えられ、TÜV Rheinland Industrie Service GmbHのサイト(www.tuvasi.com)にFS Technician (TÜV Rheinland) for Machinery - CE Practiceとして登録されます。この証明書はこの業界で国際的に認められた資格証明で、機器のセーフティに関する要件の実施に必要な知識を実施できることを証明しています。

概要 言語 更新
機械指令の実施 [PDF, 0.16 MB]
4日半のセミナー
英語 2015/10/12

機器のセーフティ工程

セーフティ工程に関する一連のセミナーでは機器の機能安全に必要な作業を調整して実施するノウハウを学びます。機能安全のプロセスは8つのフェーズに分かれています。この構成により、あらゆるセーフティ関連要件に準拠されるような一貫したトレーサブルな実現ができるようになります。小グループで作業しながら実機サンプルを使ってプロセス要件を学びます。

概要 言語 更新
リスク評価 [PDF, 0.13 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12
セーフティのプランニング、仕様、確認のプランニング [PDF, 0.13 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12
実施、検証、コードシミュレーション、確認 [PDF, 0.14 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12

SISTEMAユーザーコース

このセミナーに参加するとSISTEMAソフトウェアを利用するのに必要な知識が身に付きます。SISTEMAはセーフティ機能を評価するソフトウェアツールで、ドイツ職業保険組合(BGIA)の労働安全衛生研究所から無料で入手できます。このツールはパフォーマンスレベルを判定するためにEN ISO 13849-1を広範囲に適用することを支援します。

概要 言語 更新
SISTEMAソフトウェアユーティリティ [PDF, 0.12 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12

EN ISO 13849-1の情報

このセミナーではコントローラのセーフティ関連部品を実装してセーフティ機能の信頼性をパフォーマンスレベル形式で判定する方法を学びます。これはEN ISO 13849-1に記載されています。セーフティコントローラに適したハードウェア構造のほかにも、安全ソフトウェアの作成プロセスについても学びます。終了後はセーフティコントローラに必要なパフォーマンスレベルを決定し、装置に必要なインターフェースを特定することができるようになります。セーフティコントローラを最適に構成できるようになり、達成したパフォーマンスレベルを算出するための基礎と手順が身に付きます。さらに、SISTEMAソフトウェアで利用できるオプションの概要がわかります。SISTEMAソフトウェアは安全機能を評価するために使用するツールです。

概要 言語 更新
EN ISO 13849-1の情報 [PDF, 0.15 MB]
1日セミナー
英語 2015/10/12

研修員および初心者向けの安全性テクノロジの基礎

本セミナーではなぜセーフティテクノロジが絶対的に必要なのか、そして事故の防止に大きな貢献をしていることがわかります。セーフティ基準、関連法、指令、機器メーカーおよびオペレータに対する規則の概要を理解します。電気式、空気圧式、および油圧式機器およびシステムの設計者は、これらの法規定に準拠することを義務付けられています。

セーフティテクノロジ向けの最新の設計原理や安全機能向けの制御テクノロジについての情報を提供します。構造、診断、および故障の確率に関する規格で定められた安全機能評価のための基本的な手段も提示します。

概要 言語
研修員および初心者向けの安全性テクノロジの基礎 [PDF, 0.1 MB]
1日セミナー
英語

SafetyBridgeテクノロジコース

プランニング、プログラミング、スタートアップ、および/またはサービスの担当者はこのセミナーでSafetyBridgeテクノロジ (SBT V3)の操作方法と構造を学びます。安全信号発生器の設置および接続テクノロジが詳しくわかります。システム構成時に必要なセーフティカテゴリ、パフォーマンスレベル、および必須SILを1チャネルまたは2チャネル設計で実現する方法がわかります。PC WorxやSAFECONFソフトウェアですばやく簡単にスタートアップを実行できます。

概要 言語
SafetyBridgeテクノロジコース [PDF, 0.1 MB]
1日半セミナー
英語

セーフティセミナーに申し込む

ここから個別セーフティセミナーを申し込みます。より詳しい話をお聞かせください。

開催が予定されているセミナーのどれかに出席することもできます。

Safety-Hotline

+49 5281/946 2777

Dringenauer Straße 30
31812 Bad Pyrmont, Germany