パルスおよび大電流ラボ

パルスおよび大電流ラボ

強力、公認、認定済み

標準準拠の試験に適した機器。

フエニックス・コンタクトにはサージ保護機器を試験するために特別に設計された最新で高性能の認定ラボがあり、敷地面積は1300 m²です。ここでは特に落雷、スイッチング操作、静電気放電で発生する破壊的な事象を再現できます。

2014年5月に公式開設

フエニックス・コンタクトは2014年5月21日にサージ保護機器研究技術センターを新しく開設しました。フエニックス・コンタクトの敷地内ではこのように高度な専門技術が独自に利用できることから、今後もこの分野の技術的リーダーとしての地位を広げていくことができます。

この新しい建物には高電圧および大電流のラボと開発、設計、マーケティングのオフィスが1つの棟に入っています。ラボスペースは約1300 m2で試験テクノロジの技術および安全性要件に特化しており、定評ある認証団体の国際標準要件をほぼすべて満たしています。

このテスト施設のおかげで、ブロームベルクにあるこのテクノロジセンターは世界最高の設備を持つサージ保護機器のラボとなっています。

動画

強力な試験に適した機器

ラボのサージ電流発生器  

ラボのサージ電流発生器

ラボのテストシステムでは異なるパルス形状のサージ電流とサージ電圧を発生させることができます。電圧の微調整で主電源周波数短絡電流やDC電流も発生させることができます。

このラボの特長は強力な電源システムとサージ電流発生器を接続できることです。このため実際の環境を作り出してサージ保護機器を試験できます。

大電流試験ラボ

大電流試験ラボ  

大電流試験ラボ

ここでは最大100 kA (8/20) μsのサージ電流パルスと強力な交流電源をサージ保護機器に組み合わせて試験することが可能です。

試験ではサージ電圧発生時の保護機器の動作と電源システムとが相互に与える影響をシミュレーションします。

このようなサージ保護機器の特殊試験と並んで、テストラボは単相および三相アプリケーションにも使用できます。

試験手順

サージ電流試験システムは(10/350) μsの波形で100 kAの雷電流と(8/20) μsの波形で200 kAの雷電流を発生させます。最高性能クラスのサージ保護機器を標準準拠で試験できます。

パルスを発生させるために141 kJのエネルギーが供給されますが、供給元は44 μFのコンデンサバンクと最大放電電圧80 kVです。高速スキャンのモジュール測定データ収集システムは極めて正確な測定データを提供します。

DC試験システムは自律運転で、強力なDC電源と特殊パルス電流発生器で構成されます。この発生器は特に直流電流の試験テクノロジ要件を満たすように設計されています。

システムにはパワーパルス電流(8/20)μsをDCシステムにカプリングするオプションがあり、
サージ保護機器をDCアプリケーションに対応させます。たとえばこのシステムでEN 50539-11「太陽光発電設備のSPD要件と試験」に準拠した試験を行うことができます。DC電源は最大2700 Aの短絡電流試験にも使用されます。電源は1 VずつDC 1800 Vまで調整可能です。

低コストでの試験を成功させるための主な要因は試験の自動化です。ここで焦点となるのが時間集中型の試験プロセスです。このプロセスはIEC/EN 61643-21の「Surge protective devices connected to telecommunications and signalling networks」(テレコミュニケーションおよび信号用ネットワークに接続したサージ保護機器)と極めて関連性があります。

社内で開発した試験システムには試験プロセス全体を制御して監視する最新のオートメーションテクノロジが搭載されています。この試験システムでは測定値を記録して分析し、内容のある試験報告書を作成します。

サービス範囲は次の通りです。

  • 雷電流アレスタおよびサージ保護機器の完全試験、IEC/EN 61643-11、EN 50539-11、IEC/EN 61643-21、UL 1449の各規格に準拠
  • パルス形状(10/350)μsで最大振幅100 kAのインパルス電流試験
  • パルス形状(8/20)μsで最大振幅200 kAのサージ電流試験
  • IEC/EN 61643-12をベースにしたサージ保護コンセプトの効果の検証
  • 電源周波数耐電圧8 kVでの耐電圧試験
  • 単相および三相短絡電流試験
    ... 最大50 kA、500 V/50 Hzまで
    ... 最大25 kA、1000 V/50 Hzまで

DIN EN ISO/IEC 17025準拠の認定

DAkkS認定  

DAkkS認定

テストラボはDIN EN ISO/IEC 17025による認定を受けています。この標準では「試験および校正ラボの能力に関する一般的な要件」が規定されています。Deutsche Akkreditierungsstelle(ドイツの認定機関)はISO 17025の要件が備わっていることを検証し確認しています。

認定内容は次の通りです。

  • スペシャリストと技術力
  • 品質保証のための効果的な管理システム
  • サードパーティからの独立および公平さ

認定テストラボの試験報告書は世界中で広く受け入れられています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階