概要に戻る

機能安全が必要な理由

機器に関連するリスクはセーフティ機能で減らすことができます。機能安全とは、人を守るために正しく動作することを保証する機械制御システムの安全保護対策です。

機械安全の要件

機械指令に準拠した機械類  

機械指令に準拠した機械類

機能安全を実現するには所定の対策を取る必要があります。一般にリスク評価でセーフティ機能の種類と数を指定できます。機器の安全要件は機械指令付属書1に3段階で記述されています。これに準拠して、次の一般原則が適用されます。

  • 設計に関する原則。意図された使用と合理的に予測可能なあらゆる誤使用を考慮すること。
  • 設計で軽減できないリスクへの技術的な安全防護対策。機能安全対策を含みます。
  • 指示原則。ユーザーへの注意、操作方法、特別な指示およびトレーニング、防護具。

すべての機器メーカーは以上の機械指令要件を遵守する必要があります。

機能安全の目的

機能安全は機器に重大な被害をもたらす可能性があるエラーを防ぎます。さまざまな種類のエラーがあり、それぞれ区別されています。

  • 系統的エラー:セーフティ機能の仕様、設計、実行における人的エラー。
  • ランダムエラー:ハードウェアの不具合。
  • 共通因子によるエラー:サージ電圧などの出来事で発生し、複数のユニットが故障する原因になります。

このような種類のエラーは組織的・技術的に適切な対策を取ることで軽減できます。システムの機能安全に関する標準で規定されているすべての条件を遵守する必要があります。機器のセーフティ工程には想定される手順の基礎が示されています。フエニックス・コンタクトはここでもこのような側面に焦点を当てたサービスを提供しています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階