概要に戻る

SafetyBridgeテクノロジ

SafetyBridgeテクノロジはネットワークにもコントローラにも依存しないセーフティソリューションです。このテクノロジでは標準オートメーションネットワークで安全関連信号を伝送および評価でき、セーフティコントローラを使う必要はありません。使用するSafetyBridgeプロトコルの特性により、このテクノロジは複数のバスシステムで使用でき、INTERBUS、PROFIBUS、PROFINET、Modbus、CANopen、DeviceNet、Ethernet/IP、sercosの各ネットワークに対応しています。

SafetyBridgeテクノロジの仕組み

SafetyBridgeテクノロジでネットワークやコントローラから独立して安全関連データパケットを安全入力モジュールと出力モジュールの間で交換します。

このため入力モジュールと出力モジュールをネットワークに自由に分散できます。

安全信号の流れ

安全信号の流れ

インテリジェント出力モジュールはロジックモジュールとも呼ばれ、指定したパラメータのセーフティ機能を直接処理できます(例:緊急停止)。

SafetyBridgeプロトコルはネットワークを通じたデータ伝送を保護します。データ伝送はインテリジェントで安全なロジックモジュールで操作し監視します。

標準制御システム

標準制御システムはデータをコピーし、通信媒体としてのみ使用されます。  

標準制御システムはデータをコピーし、通信媒体としてのみ使用されます。

標準制御システムの入力モジュールと出力モジュール間で標準I/Oデータを単純にコピーしあう必要があります。SafetyBridgeモジュールの入力信号と出力信号は暗号化されずに送信されており、標準制御システムでいつも利用できます。

このテクノロジで使用するネットワークやコントローラは安全関連タスクを実行せず、通信媒体としてのみ使用されます。このため初期設定では安全なデータパケットがコントローラによってコピーされるにもかかわらず、このコントローラではセーフティデータとして認識したり処理することができません。すべてのセーフティ機能は安全なSafetyBridgeモジュールが実行します。

SAFECONFソフトウェアで安全入力および出力チャネルのパラメータを指定してセーフティロジックを作成できます。

SafetyBridgeプロトコル

SafetyBridgeプロトコルは関連バスプロトコルと重なっており、SafetyBridgeモジュール間の通信を保護します。

このプロトコルには安全関連データを保護する手段が含まれています。このプロトコルは次のエラーを検出します。

  • メッセージの繰返し
  • メッセージの紛失
  • メッセージの割込み
  • メッセージの順不同
  • メッセージの破壊
  • メッセージの遅れ

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階